舅が娘婿の殺害依頼をした理由は「孫と会えない」 恐ろしい“嫁姑問題”の殺人事件が他にも

社会 2019年04月19日 06時00分

舅が娘婿の殺害依頼をした理由は「孫と会えない」 恐ろしい“嫁姑問題”の殺人事件が他にも画像はイメージです

 結婚は本人同士のためのものではあるが、相手の家族との関係性も重要になる。その関係をこじらせ、殺人に発展した事件がある。

 海外ニュースサイト『METRO』は4月15日、イギリス・ケント州に住む45歳の男・マイケル・バトラーが、自分の孫に会わせてくれない娘婿を殺害しようと企て、逮捕されたと報じた。同記事によると、2年ほど前に生まれた孫とマイケルを会わせることを、マイケルの娘婿が最近、拒否するようになり、マイケルは不満に思っていたそうだ。そこでマイケルは娘婿の殺害を計画。「娘婿を殺してやる」と言った知り合いに話を持ちかけ、「娘婿をボコボコにしてくれたら500ポンド(約7万3000円)払う」「殺してくれたら1000ポンド(約15万円)から2000ポンド(約30万円)払う」と申し出たという。

 マイケルは「殺害後は川に沈めてくれ」などと、娘婿の殺害を請け負った人物に、さらに細かく依頼したが、殺害を請け負った人物が殺害前になって恐怖を感じ、警察に通報。殺害を請け負った人物はマイケルとの会話を録音しており、それが決定的な証拠となってマイケルは逮捕された。逮捕後もマイケルは反省する様子を見せず、6年の刑務所行きが決定したそうだ。

 このニュースが世界に広がると、ネット上では「殺そうとしていたのは、かわいい孫の父親って分かっているのかな」「自己中な考え方」「孫に会いたい気持ちは分かるけど義理息子を殺してまですること?」という声が挙がっていた。

 義理の家族とのトラブルが殺人に発展する事件は珍しくない。他にも、世界では義理の家族を殺害する事件が起きているようだ。

 2015年3月には、ロシア・ヤロスラヴリ州で当時50歳の女が、息子の嫁である当時30歳女性の殺害計画を立てて逮捕された。女は嫁に「ケチ」と言われたことに腹を立て、殺害を計画。殺し屋に嫁の殺害を依頼し、「どんな方法でも構わないからとにかく殺してくれ」と頼んだそうだ。しかし、実は女と接触した殺し屋は、おとり捜査中の警察官だった。女は逮捕され、9年間の刑務所行きが決定したという。

 また2018年11月には、ブラジル・サンパウロに住む62歳の男と60歳の女の夫婦が、息子の嫁である44歳の女性・マルシアさんを殺害し、逮捕された。息子と妻のマルシアさんは離婚調停中で子どもの親権を争っていた。その後、子どもの親権がマルシアさんに渡ると知り、息子の親夫婦は息子が子どもの親権を失うと、自身も孫と会う機会が減るのではと恐れ、マルシアさんを殺害したという。数日経っても帰宅しないマルシアさんを知り合いが心配し、警察に通報。防犯カメラの映像などから犯人が特定され、夫婦は逮捕されたそうだ。

 最近は、「義母と友人のような関係を築いている」という嫁も珍しくない。義両親に気を遣い、不満を抱える家族の形は変わりつつある。しかし、家族という近い関係だからこそ生まれる不満は今も変わらず、憎しみとなったとき歯止めが効かなくなるケースもあるようだ。

ピックアップ
社会新着記事

世の中おかしな事だらけ 三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』 第329回 MMTと資本主義
2019年07月23日 07時03分

テレビ東京「池上彰選挙特番」惨敗…完全に視聴者から飽きられる
2019年07月22日 22時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る