search
とじる
トップ > 芸能ネタ > おぎやはぎ小木、「関西弁を無くすべき」発言に批判殺到 番組内では同調の声も

おぎやはぎ小木、「関西弁を無くすべき」発言に批判殺到 番組内では同調の声も

pic pic

おぎやはぎ小木

 9月19日に放送されたフジテレビ『バイキング』に出演したお笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明が「関西人差別」とも取れる発言を行い、バッシングを受けている。

 この日、バイキングでは関西地方で発生した某少年野球チームの体罰問題を特集。チームの保護者が撮影したビデオを元にどのような体罰が行われたのかが、バイキングが独自で入手したVTRとともに紹介された。監督は「もっとしっかりタッチせえや!」「ボケファースト!もう使えへんぞコラ!」と激しい怒号および平手打ちなど暴力行為を野球部員に繰り返しており、スタジオでは監督の激し過ぎる指導に対し、議論が繰り広げられた。

 司会の坂上忍は「わずかなVTRの間でこれだけ不快感を覚えるというのは、指導という範疇を超えて大人の悪い箇所が出ている」と評し、怒りを露わにした。さらに、坂上は「俺は東京生まれだからわからないんだけど、あんなに汚い関西弁は(日常的に)出るものなの?」と大阪府出身の松嶋尚美に振ったところ、松嶋は「(監督の)気持ちはわからなくはない」としながらも、「子供相手にあそこまでは言わない」と坂上の意見に同調した。

 すると、今度は東京都出身の小木が「いっそのこと関西弁を無くすべきではないか」と冗談交じりでコメント。小木いわく「関西弁は言ってるうちに(気分が)盛り上がりすぎてついやり過ぎてしまう」「漫才でも高いテンションになってしまうので(クールダウンさせる意味で)『ありがとうございました』とたたみかけないといけない」と、自身の東京漫才師としての意見を語った。

 スタジオでは「なるほど」と一部同調する声はあったものの、ネットでは小木の発言を巡りバッシングが集中。「そういう問題ではないだろ」「悪いのは罵声を浴びせている監督で関西人自体は悪くないだろ」「そのセリフを明石家さんまやダウンタウンの前でも言えるのか」と非難轟々の結果となってしまった。

 小木といえば、近年は能天気かつストレートな意見を言うキャラクターとして「バイキング」に出演。ある種、表裏のない率直な意見が視聴者の心を掴む時もあるものの、今回ばかりは、その突拍子のない意見が完全に裏目に出てしまったようだ。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ