広島、緒方監督のサンタナ昇格に批判噴出 大物選手の飼い殺しに古巣ファンも「返せ」

スポーツ 2019年08月21日 11時30分

広島、緒方監督のサンタナ昇格に批判噴出 大物選手の飼い殺しに古巣ファンも「返せ」画像はイメージです

 「.269・26本・64打点・100安打」の成績を残していたサビエル・バティスタが、ドーピング違反を犯していたことを17日に発表した広島。同日付で抹消されたその助っ人の代役として、ファン・サンタナを一軍に昇格させたことが20日の公示で明らかとなり、各メディアによって広く報じられている。

 ドミニカ・カープアカデミー出身のサンタナは、育成契約を経て先月支配下登録された内野手で、これが来日初の一軍昇格。2軍では20日時点で83試合に出場し、「.272・5本・31打点・74安打」という成績を残している。

 昇格当日のヤクルト戦で即スタメン起用(7番・一塁)され、「3打数1安打・1打点」と早速結果を残したサンタナ。ただ、今回の昇格人事を受けたネット上のファンからは、期待の声以上に「なぜ長野を上げなかったのか」、「実力が上なのはどう考えてもサンタナより長野」、「今上げないなら逆にいつ上げるんだよ」といった、緒方孝市監督への批判が噴出している。

 待望論が沸き起こっている長野久義は、「.208・2本・7打点・22安打」と思うように数字を残せず、先月3日から二軍降格中。ただ、8月に入ってからはここまで4割越えの打率をマークするなど、一転して好調をキープし続けている。

 また、長野は昨年まで所属した巨人時代から、夏場に調子を上げる“夏男”であることが広く知られている。現に、過去3年間における8〜10月の通算成績は、「.300・16本・49打点・134安打」となかなかの数字だ。

 “飼い殺し”の理由がポジションの兼ね合いならば、まだ理解されていたのかもしれない。ただ、一軍の外野陣を見ると、鈴木誠也(.334・24本塁打・75打点・134安打)、西川龍馬(.297・13本・57打点・122安打)はともかく、松山竜平(.248・4本・29打点・51安打)や野間峻祥(.249・2本・15打点・73安打)の数字は今一つ。長野の出る幕がないとは言い難い状況だ。

 自軍のファンだけでなく、長野の古巣である巨人ファンからも「使わないなら返せ」といった批判を浴びている緒方監督。サンタナが継続して結果を残せなければ、その風当たりはさらに強くなりそうだ。

文 / 柴田雅人

ピックアップ
スポーツ新着記事

レジェンド上野由岐子が復活 若手の心を掴んだすべらない話
2019年09月20日 22時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る