search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 重本ことり引退で、AAAファンも妖怪ウォッチファンも激怒 引退日も問題だった?

重本ことり引退で、AAAファンも妖怪ウォッチファンも激怒 引退日も問題だった?

pic pic

重本ことり

 先日、芸能界引退を発表した元「Dream5」のメンバー・重本ことりへのバッシングが止まらない。

 重本は3月4日、自身のインスタグラムにて「芸能界を引退することにしました」と報告。「もう嘘だらけの芸能界に夢とか未練はありません」と引退理由を語り、「写真週刊誌フライデー編集長やグラビア担当の人たちの裏切りがあった」と雑誌関係者とトラブルがあったことを匂わせ、「AAAファンの方々に死ねとか消えろとか言われたことも、もうなんとも思っていませんが、やっぱり応援してくれるファンを傷つけることはしたくない」と、AAAの某メンバーと肉体関係があったと告白した過去の騒動に触れた上、最後には「紅白も出場してアーティストとしてはよくやったと思っています」と綴り、引退報告を終了させた。

 この引退報告にAAAファンは激怒。再度、問題を再燃させてしまったほか、さらには、これまで重本を支え続けていたDream5のファン、そして、彼女にとって大きな飛躍となったTVアニメ『妖怪ウォッチ』のファンが怒り狂っているのだという。

 Dream5はNHK教育のテレビ番組『天才てれびくんMAX』出演者の中で最も歌のうまかった重本を中心に、全国の視聴者からのオーディションで選考されたユニットである(2016年活動終了)。そのため、重本にとってDream5および『天才てれびくん』は全ての活動の原点なのだが、引退報告ではそれらの活動には一切触れずに、業界人への「恨み節」を爆発させた上、「紅白出場はアーティストとしてはよくやったと思っています」とアイドルにあるまじき奢り発言があり、Dream5のファン達は「性格悪いとは思ってたけどこれほどとは……」「裏切られた」とショックを受けているという。

 この怒りは、重本が長年にわたり出演してきたTVアニメ『妖怪ウォッチ』も同様だ。重本はアニメおよびゲームに登場するキャラ妖怪「USA(ウサ)ピョン」の声優を担当しており、2015年から2018年までの長きに渡り声優および歌手として関わり続けてきた。

 現在、「USAピョン」は番組には出演していないが、未だ以って人気は高く、妖怪ウォッチのファンは数年前から、非公式ながら毎年3月4日を「USAピョンの日」(「ウ3ピ4ン」の語呂合わせ)と決定し、盛り上げてきたが、当の重本はわざわざ狙ったかのように、3月4日に芸能界引退を報告。

 重本自身も3月4日が「USAピョンの日」だということを知らなかったはずはなく、妖怪ウォッチのファンの間でも「せっかくUSAピョンのイラストを用意したのに悲しすぎる」「記念日にこんな話聞きたくなかった」「わざわざこの日を選んできたことに性格の悪さがにじみ出ている」「これまで支えてきたファンのことを微塵も思っていない」と強いショックを受けているという。

 「立つ鳥跡を濁さず」という諺通りにはいかなった重本ことり。全方位に喧嘩を売ってしまった彼女へのバッシングはまだまだ続きそうだ……。

記事内の引用について
重本ことりの公式インスタグラムより https://www.instagram.com/kotorishigemoto1005/

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ