暴走するメディアに「せめてルールは守って」 日大アメフト部“加害選手”会見で視聴者から批判噴出

スポーツ 2018年05月23日 11時40分

暴走するメディアに「せめてルールは守って」 日大アメフト部“加害選手”会見で視聴者から批判噴出画像はイメージです

 22日に行われた日大アメフト部“悪質タックル”問題に係る加害選手の会見。発覚以降大きな波紋を広げている問題とあって、会見には数多くのメディアが詰めかけたが、その報道姿勢に視聴者が疑問を持ったようだ。

 日本記者クラブを舞台に、“代理人の弁護士による経緯の説明”・“加害選手による陳述書の読み上げ”・“質疑応答”という流れで進められた今回の会見。壇上には、加害選手と共に“特例”という形で弁護士が同席していたのだが、その弁護士は冒頭で「ずっとアップで撮るようなことは避けていただきたい」とメディア各社に対して配慮を求めていた。

 しかし、このような言葉とは裏腹に、メディアの多くはその後加害選手をアップで放映。中には、前述の弁護士の発言直後から一貫して加害選手をアップし続けているメディアも見られた。

 他にも、会見後半の質疑応答に関しては、あらかじめ「質問は1人1個でお願いします」と司会が口にしていた。それにも関わらず、1番手で質問した記者がいきなり4個の質問を乱発。これが引き金を引いてしまったのか、その後も各社は質問を連発し、多いところでは1人で8個もの質問をぶつけるメディアも見られた。

 こうした“ルール無用”の報道姿勢にうんざりしていた視聴者は多いようで、ネット上を見ると「終始どアップは悪意ありすぎでしょ」「くだらない質問を連発するな」「せめてルールは守ってくれよ…」といった批判が噴出している。

 世間から大きな注目を集める問題とあって、少しでも取り上げる内容を増やしたいという各メディアの思惑もあることだろう。ただ、この問題の当事者はあくまで日大の“一学生”であり、政治家や芸能人など、公の人間ではない。こうしたことを考えると、今会見の様子を視聴者が“やりすぎ”と捉えらえるも致し方ないのかもしれない。

文 / 柴田雅人

ピックアップ

元所属事務所の恩情が大きい? 小出恵介、新事務所で再起を図る
2018年06月22日 23時20分 [芸能ニュース]

スポーツ新着記事

プロ野球セ・パ交流戦全日程が終了 勝ち星も個人タイトルもパが手中に?
2018年06月22日 17時20分

プロレスラー世界遺産 伝説のチャンピオンから未知なる強豪まで── 「ブロック・レスナー」“強さ”でプロレス界を制圧した特別な存在
2018年06月22日 16時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る