マツコ「何かを変える気はない」 吉本社長会見をバッサリ、宮迫・亮との“覚悟の違い”を指摘

芸能ニュース 2019年07月23日 12時30分

マツコ「何かを変える気はない」 吉本社長会見をバッサリ、宮迫・亮との“覚悟の違い”を指摘マツコ・デラックス

 7月22日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)において、吉本興業の岡本昭彦社長の記者会見が話題となった。出演者のマツコ・デラックスと若林史江は、放送開始直前まで3時間ほど記者会見を眺めていたといい、マツコは「何のためにやったんだかわかんない」とバッサリだった。さらに、「今どきのいろんな失敗会見が繰り返されている中で、あれでよく出てこられたというのはびっくりしたよね」ともはやあきれ気味だった。これには、ネット上でも「マツコは世の中ウォッチャーだから違和感があったんだろう」「確かにグダグダだった」といった声が聞かれた。

 それから、マツコは会見の途中で、岡本社長があまりにものらりくらりと言葉を述べるので、時間の無駄だと察知した記者が、自ら引く場面もあったと話した。会見がまだ続いていると知ると、「まだやってんの?」と驚き気味であった。結局、会見が終了したのは午後7時半で、約5時間半におよんだ。それでも、ほとんどが無意味な話に終始してしまったのは確かかもしれない。

 司会のふかわりょうが「宮迫さん亮さんの会見で世の中の潮目が変わった感じもある」と指摘すると、マツコは「あくまでも個人的な感想」と前置きしつつも、「顔とか見ていても、あの2人の『もうどうなってもいい』っていう腹切る覚悟で出ていたのと比べると、何かを変える気はねぇのかなっていう」と痛烈に批判した。これには、ネット上では「確かに顔からして違ったわ」「会見長くやればいいもんじゃないだろう」といったツッコミも見られた。

 雨上がり決死隊の宮迫博之と、ロンドンブーツ1号2号の田村亮が、自前の記者会見を打ったのは、直接の謝罪会見の場を吉本興業がいつまでも用意してくれないことに業を煮やしたため。吉本的には時間経過で、うやむやに決着しようとしていたと見られる。そのスタンスは、今回のグダグダ会見にも現れたのかもしれない。

 マツコが指摘する通りに、会見に対する覚悟の違いが評価を分けてしまったとも言えそうだ。

ピックアップ
芸能ニュース新着記事

グレタさんに「絶望のどん底に叩き落とし…」ラノベ作家の発言にファンもドン引き 仕事仲間からも批判
2019年12月09日 18時00分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る