search
とじる
トップ > トレンド > 舞台転換一切無し! 矢野一成壮行会「矢野祭り」にゲスト大集結

舞台転換一切無し! 矢野一成壮行会「矢野祭り」にゲスト大集結

 レピッシュなど、さまざまなバンドのサポートで魂のドラムを叩き続ける矢野一成のイベント「矢野祭り」が2日、東京・下北沢のライブハウス「下北沢CLUB 251」で行われ、多数のゲストが集結した。この「矢野祭り」は、3月に福岡に移住が決まった矢野を盛大に送り出す壮行会だ。ステージの真ん中に配置されたドラムセットをまわりの楽器隊が囲むという異例のレイアウトはまさに「ドラム祭り」。

 「MAGUMI&THE BREATHLESS」の直江誠治の開会あいさつ(!?)に続いて、ジェームズ・今川によるパントマイムと矢野のドラムのかけあいで幕を開けた祭りは、一緒に福岡から上京してきたバンド「MOON・BEAM」に、この日のために再結集した「扇愛奈とザ・セクターズ」で熱気を増していく。

 「杉本恭一&The Dominators」では、サプライズゲストとして「レピッシュ」のMAGUMI、「wash?」の奥村大も加わりレピッシュナンバーの「プレゼント」「Magic Blue Case」を。このあいだ舞台転換は一切なし。祭りにふさわしく矢野が出ずっぱりのイベントとなった。

 アンコール前にはスクリーンで大槻ケンヂと水戸華之介、奥野真哉がビデオコメント。その間に舞台裏ではドラムセットがもうひとセット設置される。「杉本恭一&The Dominators」の後釜ドラマーに決まった「VOLA&THE ORIENTAL MACHINE」の中畑大樹の紹介を矢野自身が行ってツインドラム競演。最後はオールキャストに「ヤムヤムオレンジ」のギタリストRYUも加わり音圧は最高潮に達した。

 アンコール終了後のあいさつで矢野は、福岡でも音楽活動を継続することと明言。「I Will be back!」で締めた。福岡を拠点に全国的に活動を展開しているミュージシャンもいる昨今、矢野のドラムが全国で聴くことができる日も、そう遠い日ではないだろう。なお、矢野は「MOON・BEAM」名義で10日(日)、東京・吉祥寺のライブハウス「ROCK JOINT GB」でライブを行う。

■博多ザ・ブリスコ『LOVE&HAPPINESS』レコ発TOUR FINAL]
場所:吉祥寺「ROCK JOINT GB」18:30/19:00
出演:博多ザ・ブリスコ / FRYING DUTCHMAN / MOON・BEAM

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ