オリックス、東京オリンピック出場を目指す“猛牛三銃士”がプレミア12の代表選出!

スポーツ 2019年10月01日 18時35分

オリックス、東京オリンピック出場を目指す“猛牛三銃士”がプレミア12の代表選出!山岡泰輔、吉田正尚、山本由伸

 野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督は1日、都内で会見を開き、国際大会プレミア12(11月2日〜17日)の日本代表選手を発表。オリックスからは吉田正尚外野手、山岡泰輔投手、山本由伸投手の“猛牛三銃士”が選ばれた。

 12の国と地域が参加。1次リーグは台湾、韓国、メキシコで行われ、スーパーラウンドは日本(ZOZOマリンスタジアム、東京ドーム)で開催される。日本は1次リーグで台湾、ベネズエラ、プエルトリコと同組。台湾で3試合を戦い、上位2チームに入れば日本でのスーパーラウンドに進出する。今大会は東京五輪の予選を兼ね、最大2チームに出場権が与えられるが、日本は開催国枠での出場が決まっている。

 侍ジャパンは今月下旬に宮崎、那覇で合宿を行い、31日、11月1日にカナダとの強化試合(沖縄・那覇セルラースタジアム)をこなしてから台湾へ向かう。怪我などで出場が見送られた選手もいるが、今回選出された選手を基本線として、五輪に向けて出場選手を絞っていくと予想される。

 オリックスの3トップが日の丸の舞台でそろい踏みを果たす。3選手は今年3月の親善試合・メキシコ戦にも出場しており、念願の国際大会出場となった。

 侍ジャパンでもクリーンナップ候補の吉田は「日本の代表として選んでいただいたので、最高のパフォーマンスを見せられるように、しっかり準備したいと思います。チームの勝利に貢献できるようなプレーを見せられるように頑張ります」とコメント。

 今シーズン13勝4敗で最高勝率のタイトルを獲得した山岡は「代表に選んでいただき、光栄です。チームを勝利に導くピッチングができるように、日本の代表という自覚と責任を持って頑張ります」と気を引き締めた。

 最優秀防御率のタイトルを獲得した“神童”山本由伸は、稲葉監督から「先発、中継ぎ、抑えのどこで使うのがいいのか考えている」と名指しされた。21歳の右腕は「国際大会は初めてですし、楽しみです。日本のトップチームとして選んでいただいたので、しっかりと自分らしいピッチングでチームの勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」と、初の国際大会出場を喜んだ。チームは最下位に終わったが、日本代表に3選手を送り込んだことはチームにとって大きい。

 今月末からオリックス代表として日の丸を背負う戦いが始まる。

(どら増田)

ピックアップ
スポーツ新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る