search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 矢口真里 生き残りを懸けて今後戦っていくライバルたち

矢口真里 生き残りを懸けて今後戦っていくライバルたち

 23日、ワイドショー「情報ライブ ミヤネ屋」に生出演し、約1年5か月ぶりに芸能活動を再開したタレントの矢口真里。不倫&離婚問題について、番組冒頭に「大変申し訳ありませんでした」と謝罪し、「全て私が悪い」と自分に非があることを認めた。しかし、肝心の鉢合わせ疑惑については「公に言わないと約束した」と明言しなかった。

 芸能界復帰は「無理だと思っていた」とやや控えめなコメントを残したが、今後の本格的な芸能活動については「需要がなかったら辞めるつもり」と強気の宣言。番組終了後に開かれた緊急記者会見では、「自分なりに新しい人生の第一歩だと思って、これから頑張っていけたらいいなと思っています」と意気込みを語った。

 これから矢口がどの番組に出演し、どのようなキャラで売り込んでいくのかが重要なポイントとなり、芸能界で生きるか死ぬかの明暗がクッキリ分かれることになる。

 「休養する前の矢口さんは、的確なコメント、豊かな表情、機転の早さ、勘の鋭さなどが評価されて、バラエティ番組で重宝されていましたね。自身がMCを務める番組も持っていましたし、バラドル的存在ではグンを抜いていたと思います」(テレビ制作者)

 ただ、休養する前と今ではテレビで活躍するタレントの顔ぶれも大きく変わっており、矢口がライバルとして戦う女性タレントたちは、なかなか手強いメンバーが揃っているという。

 「テレビマンの間では、小嶋瑠璃子さん、関根麻里さん、SHELLYさん、ホラン千秋さん、HKT48の指原莉乃さんあたりがライバルとして名前が上がっています。テレビに引っ張りだこで、高いスキルを持っているメンバーですよね。しかし、最も手強いライバルはベッキーさんでしょう。イメージも良い、コメント能力も高く非常にクレバー、スタッフや演者からも評価が高いですから。矢口さんは今、名前の上がった強者たちと戦って、蹴落としていく必要がありますね。芸能界は弱肉強食の世界ですから…」(テレビ関係者)

 矢口が再び第一線で活躍するには、険しい道を乗り越えていかなければならないようだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ