search
とじる
トップ > 芸能ニュース > ヒカキン、新居家具が総額800万円! それでも好感度が落ちず“庶民派”と言われるワケ

ヒカキン、新居家具が総額800万円! それでも好感度が落ちず“庶民派”と言われるワケ

pic pic

ヒカキン

 2月28日、ヒカキンが「【総額800万円!?】新居に家具一気に買ってみた!【家具家電紹介】」と題した動画を公開。新居の2つ目の部屋に家具が届いたことを報告した。

 家具のほとんどは有明の大塚家具で揃えたというヒカキンだが、6人がかりで3時間行われ、家具の設置は完成。フェンディのテーブルや高級家具を紹介。一番「奮発した」と語ったのはソファ。「クレヨンしんちゃんみたいな形してるでしょ」とコメントした、このソファはスイスのブランド・デセデ製で値段は289万円。背もたれが可動式で好きな形に変形できるようだ。「彼女なんてできた日には向かい合って座れると店員さんに言われて決めました」と告白している。

 次に紹介したのはフェンディ・カーサのテーブル3種、価格は267万円。届いた時は指紋一つないピカピカの状態だったが、ヒカキンは「スーパーペタペタタイム」と称し、指紋や顔を押しつけて、「これで僕のものになりました」と満足げな表情を浮かべていた。

 テレビ台はセレクトショップで購入したブレスというブランドで45万円。テレビは全番組録画に対応しているという理由でレグザ(70万円)に。

 他にも「ちょっとモテるかもしれない」照明器具や上京して初めて買ったというダイニングテーブル、6脚で82万円の椅子を紹介した。そして、新品の高級家具に囲まれながら、初の食事はヨーグルトの「パルテノ」という庶民派ぶりだった。

 ツイッター上では「最高級家具の数々にYouTubeドリームの凄さを思い知らされました。なのにいきなり指紋、顔紋?」「叶姉妹も呼べるレベルのお家ですね笑。なのにFENDIのテーブルに顔押し付けるとかやってることにブレがなくて、大好きで」「トランスフォームするソファでラブラブする日が来るといいですね」「200万超えのソファとテーブルで遊ぶヒカキンさん」という可動式ソファやフェンディのテーブルに注目が集まっていた。

 他にも「ブランドや値段聞いてもHIKAKINさんの人柄か?全然嫌味がない。56万のデコレで160円のパルテノ。これがHIKAKINさんらしくて好き」「家具、すごいですね!庶民には違う世界です。最近は税金対策なのか買う額が違うし、ハイハイって感じです」と様々の声が寄せられている。

 今後、この高級家具に囲まれた部屋から新たな動画を配信するヒカキンの今後に注目したい。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ