小栗旬が映画「TAJOMARU」で冒した大失態

芸能ニュース 2010年05月12日 12時00分

小栗旬が映画「TAJOMARU」で冒した大失態

 人気回復に躍起になっているというイケメン俳優の小栗旬。モデル山田優との交際が発覚してから「一時期の人気ぶりがウソのような勢いのなさ」だというが、かつてモーニング娘。の矢口真里との交際が発覚して世間に知られた小栗、その後もオンナの噂は絶えないのは皆承知の上。ではナゼ小栗の人気は急落してしまったのか? それは昨年映画で共演した大物俳優からの、ある重大な「お誘い」を断ったからである。

 昨年秋に公開された小栗主演の時代劇「TAJOMARU」。同時期に公開された草なぎ剛主演の時代劇「BALLAD 名もなき恋のうた」に完敗だったこの作品は、活劇なのかと思いきや、芥川龍之介の小説「藪の中」を原作とした男女のドロドロ劇。しかも「TAJOMARU」の題名にもなっている多襄丸という豪快な盗賊は、最初は小栗ではなく松方弘樹の役であり、小栗が演じた主人公・畠山直光の見せ場は少ない。そして小栗は、松方弘樹、近藤正臣、萩原健一の「3ジジ銀幕スター」に完全に食われ、足利義政(萩原)の“手つき”にされ復讐に燃える桜丸を演じた田中圭、家来のやべきょうすけ、適役の池内博之といった若い共演者にもやや食われぎみ、ヒロインも柴本幸のみというパンチの無さだった。
 そしてあろう事か小栗は、この時大先輩である松方弘樹からのある「お誘い」を、勝手な理由で断っている。実は小栗の人気急落はここから始まっているのだ。

 普段、松方弘樹の頭の中は90%が「カジキマグロ釣り」で占められていて、残り10%が「仕事」「オンナ」などに配分されている。マグロ釣りに前面協力してくれるテレビ番組の視聴率を上げるために、どうしても若くて人気者の「釣り仲間」がほしい。そこで、「TAJOMARU」のプロモーション中に、松方は小栗を必死で釣りに誘うのだが、どこの孤島に連れて行かれるかわからない上に、行ったら最後、巨大マグロが釣れるまで帰って来れない事にうすうす感づいていた小栗は、やんわり「釣り仲間」になる事を拒否。松方は泣く泣く小栗をあきらめ、年末に時代劇ドラマで共演した反町隆史(もともと釣りが趣味)と、意気投合した。小栗はここでツキを逃してしまう。

 その後の小栗は、フジテレビ系ドラマ「東京DOGS」では身持ちのカタイ水嶋ヒロに話題をもってかれ、演技もマンネリ化。山田との同棲や浮気疑惑でなんとなく不潔なイメージをもたれている。もし、小栗が松方と、「カジキマグロ」釣りの番組に出ていたら、小栗を上回る「オンナ好き」である松方に同化し小栗も“浮気しても納得されるキャラ”に変わって、今まで対象外であった男性ファンの獲得も出来たはずだ。やっぱり小栗はあの時、臆せず「釣りオヤジ」の誘いに乗れば良かったのだ。逃した魚は大きい。(コアラみどり)

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る