search
とじる
トップ > レジャー > 「今度の展開は逆になる可能性が頭によぎる」 阿蘇ステークス 藤川京子の今日この頃

「今度の展開は逆になる可能性が頭によぎる」 阿蘇ステークス 藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 出走頭数は少なくなりましたが、ハンデ戦で力は拮抗しそうです。特に軽ハンデのクリノリーソクツモは斤量49kgですので、普段は短いところが多いですが3走前は初めての1700mで、この時も軽ハンデでクビ差の2着だった事を考えると侮れません。3走前と同じ小倉なので可能性はあると思います。また、ドラゴンバローズもここ4戦は絶不調に陥ってしまいましたが、久しぶりの斤量54kgで仕切り直しになると思うので、この2頭が穴になると思います。

 もっとも、他の馬も軒並み斤量が軽くなっているので、クリノリーソクツモ以外は、特にこの馬が有利になったという事ではありませんが、時計は芝から来たジュンヴァルカンが2走前で好タイムがあります。前走は後ろ過ぎたのか相手が強過ぎたのか凡走となってしまいましたが、今回は好走した同じ右回りなので、最内からの末脚を期待したいです。

 それにしても調子を崩して来た馬が多いですね。このままだと前走で好走して、一歩先に復活したコパノチャーリーが勝ってしまいそうな気もしますが、前走の名鉄杯が展開のアヤの可能性もあります。この逆の展開も十分ありえますので、前が崩れる展開の馬券も買いたいと思います。

 もう一度、お浚いしますが、見た目の着順でみると力差があるように見えますが、調子を崩して来た馬が多いですが横一直線のゴールもあるかもしれませんので、今回は展開で馬券を寄せてみました。

ワイドBOX8,7,6
ワイドBOX4,3,2
ワイドBOX4,5,1

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ