東野幸治が「アメトーク」読書芸人で見せた意外な素顔

芸能ネタ 2017年11月20日 22時10分

東野幸治が「アメトーク」読書芸人で見せた意外な素顔

11月16日、テレビ朝日系列『アメトーーク!』で、『本屋で読書芸人』第4弾が放送された。

蔦屋代官山店で、おすすめの本を手にした若手芸人が、内容を説明しながら作品や作家への思い入れを語るお馴染みの企画で、放送終了後、紹介された書籍は書店で品切れになる程の影響力を誇っている。

シリーズ第4弾の今回出演したのは、芥川賞作家でもある又吉直樹、インテリ芸人で読書家としても知られるカズレーザー、光浦靖子。しかし、第1回目の放送から出演していたオードリー・若林正恭は、「ゴルフ芸人、プロレス芸人でも出演したばかりで、出すぎだから」という理由で今回は欠席となった。

そこで、若林の代わりに出演したのが東野幸治だ

東野幸治といえば、バラエティー番組では、「雛壇芸人のお手本」とも言われる実力派だが、雛壇の中でも話題の中心から遠い所にいるという独自のポジションから、趣味や特技は謎に包まれている。過去に『行列のできる法律相談所』の企画で、トライアスロン大会に3回出場し、身体能力の高さを見せたことはあったが、読書家であることを知る人は少ないだろう。

東野が紹介したのは、『蜂蜜と遠雷』(恩田陸、)、『R帝国』(中村文則)、『ホワイトラビット』(伊坂幸太郎)のような一般的に読まれているベストセラー作家の作品から、編集長以外に作家の正体を知らないという『ルビンの壺が割れた』(宿野かほる)、『1984年のUWF』(柳澤健)など、幅広い。カズレーザーが紹介した『サピエンス全史』(ユヴァル・ノア・ハラリ著、河出書房新社)についても言及し、学術的な書籍にも目を通す一面も披露している。

実は、東野は2000年には『泥の家族』で小説家デビューも果たしているのだ。東野コージ名義でエッセイも発表している。

プライベートでは、1991年に一般女性と結婚し、二女をもうけるが2001年に離婚。しかし、2011年に復縁、再婚している。ファンから見たら、東野幸治こそ、小説より奇なるお笑い芸人ではないだろうか。

ピックアップ
ひっそりと自分にかかった疑惑を晴らしていた片瀬那奈

ひっそりと自分にかかった疑惑を晴らしていた片瀬那奈
2019年12月10日 23時00分 [芸能ニュース]

芸能ネタ新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る