search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 乃木坂46・能條愛未 映画主演依頼はドッキリ…小型カメラを探す

乃木坂46・能條愛未 映画主演依頼はドッキリ…小型カメラを探す

 乃木坂46の能條愛未が、シネマート六本木で行われた主演映画「死の実況中継 劇場版」初日舞台挨拶に登場。

 初主演映画に、能條は「(主演映画の話がきた時)本当に、本当にドッキリだと思って...私ドッキリとか仕掛けられやすい方なので、話を頂いた時に、周りに小型カメラがないか思わず探してしまって」と会場を笑わせた。

 ホラーが凄く好きと話し「怖い表情や、おびえる表情、最も怖く見える表情を研究しました」と役作りを明かた。最後に「劇中で『自分の人生は自分で切り拓くしかない』という台詞が出てくるのですが、私も、自分自身で夢を切り開けるような人になりたいなと思います、監督をはじめ多くの方に感謝しています」と語った。

 イベントでは主題歌を担当した小南泰葉が主題歌「3355411」を披露した。ほかに、能條愛未、河内美里、船岡咲、南羽翔平、高咲里音、小南泰葉、仁同正明監督も登場した。

 映画「死の実況中継 劇場版」は、4月19日(土)より全国順次公開。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ