search
とじる
トップ > レジャー > 「油断していると荒れちゃうぞ」 阪神大賞典 藤川京子の今日この頃

「油断していると荒れちゃうぞ」 阪神大賞典 藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 少し微妙なメンバーが揃いましたが、復活の兆しが見えるシャケトラ。中山専用機になりそうな雰囲気でしたけれど、調子が良い今のうちに、阪神でも好成績が多いところなので、今のうちに走らせたいのかもしれません。宝塚記念も4着だったし、不得意ではない筈です。特に今回は、他のメンバーとは違うところで走って来た馬なので、もしかしたらそのままゴールしてしまうかもしれません。

 しかし、長距離を専門として来た馬が多いので、ペースの折り合いが心配です。ソールインパクトやコルコバードもそつなく走るし、長距離のリッジマンやヴォージュの前残りも恐い展開です。距離が長すぎると末脚の溜めが効かずに、力だけが削がれてしまう事もあるので、前の馬達が難なくゴールを通過してしまう事もあります。そうなると、有力馬達が我慢だけして末脚を使う頃には、嫌になってしまっていると幾ら鞭を入れても動きません。

 但し、今回は、端を切って行くのは2頭ぐらいで、他は前には行きますが、先頭には立たない馬の方が多いので、レースは落ち着くかもしれません。あまり、落ち着いたレースになると、前にいた馬達が落ちて来ないで、末脚組が不発になってしまいます。基本的には、有馬記念組とダイヤモンドステークス組を中心に馬券を買った方が良い傾向があり、最近では京都記念組が目立ちます。

 有馬記念組はシャケトラとリッジマン。ダイヤモンドステークス組はソールインパクト。京都記念組はケントオー、ポテンシャルではロードヴァンドールですが、ここ2戦は絶不調です。ステイインシアトルも阪神の成績は良いです。もし、ケントオーが馬券に絡むような展開になれば、サイモンラムセスの可能性も4走前を見れば考えられます。

 力関係で言えばシャケトラ、リッジマン、コルコバード、ソールインパクトだと思いますが、長い距離です。我慢が大切になります。堅い結果が続いているレースですが、そろそろ危ないかもしれません。

3連複10軸
11、2、6、4、1、3、9

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ