search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 野久保直樹が観月ありさとの交際を否定した理由

野久保直樹が観月ありさとの交際を否定した理由

 女優の観月ありさと俳優の野久保直樹が熱愛中であることを発売中の女性誌「女性セブン」(小学館)が報じている。

 同誌によると、11月中旬に2人が都内にある野久保の自宅マンションで一夜を過ごしたり、すでに合鍵を持つ仲であること報じ、野久保の愛車で外出する姿や、周囲を気にして距離を置いて歩くツーショット写真も掲載している。

 野久保は17日に自身のツィッターを更新。『新恋人じゃないし〜! そもそもお相手に失礼です。姉弟として大変よくして頂いております。が事実!!』、『とりあえず、お相手にお詫びしなきゃ…関係者の皆様お手数おかけします』、『その日はご一緒はさせて頂いてましたが、想像させそうな事や関係は一切ございません!』などと重ねて否定した。

 「観月は7月にタレント・清水アキラの三男で俳優の清水良太郎との交際が報じられ、今月に入って、破局報道が飛び出したばかりだったが、清水と交際中にも野久保とは飲み友達として遊んでいた。観月は今年5月14日のブログに、野久保の誕生日を一緒に祝ったことを書き込み、『おめでとうノックン カウントダウンに一緒にいれてうれしかった』ともつづっていたから、交際に発展したのは自然な流れなのでは」(芸能記者)

 野久保といえば、司会をつとめていた島田紳助さんの引退で打ちきりとなった「クイズ! ヘキサゴン」(フジテレビ系)から誕生した、つるの剛士、上地雄輔と結成したおバカユニット「羞恥心」でNHK・紅白歌合戦にも出場するなど一時期は売れっ子だったが、独立騒動を起こして昨年3月に所属していた大手事務所を離れてからは仕事が激減。観月との交際で久しぶりにスポットライトを浴びたのだが…。

 「せっかく、少しづつ仕事が増えてきたのに、力のある大手事務所に所属する観月との交際となると、またまた“見えない力”で圧力を受け、仕事がなくなる可能性が高いため、重ねて否定するしかなかった。とはいえ、否定したところで、今まで通りの関係を続ければ問題なさそうだが」(週刊誌記者)

 ちなみに、観月の事務所は手慣れたもので、スポーツ紙などの取材に対し「友だちの一人と聞いています」と芸能界的な“模範解答”だった。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ