search
とじる
トップ > スポーツ > ダメ虎 ファンも見放した!? 観客動員大幅に減少!

ダメ虎 ファンも見放した!? 観客動員大幅に減少!

 プロ野球セ、パ両リーグが、第3クール終了時点(開幕から8月23日まで)の観客動員数を発表した。昨年の同じ消化試合数との前年対比では、セは1試合平均2万7625人で0.5%減、パは2万2317人で3.3%減と、両リーグともに微減となった。

 12球団トップはセで首位を独走する巨人で、10.2%増の4万1042人。パではソフトバンクがトップで5.5%増の3万3651人で、他の5球団はすべて減少し、ロッテが8.8%減と最も減らした。

 最も観客数が減少したのは阪神で、12球団ワーストの9%減で3万8036人だった。阪神は観客数が実数発表となった05年以降、昨年まで7年連続でセ最多の観客動員数を誇っていた。その間、09、11年にはBクラス(ともに4位)転落も経験したが、それでもリーグトップの座を保っていた。

 しかし、今季は24日現在、110試合40勝58敗12分けの借金18で、不動の5位。3位の広島までは8.5ゲーム差を付けられており、CS(クライマックス・シリーズ)進出の可能性は、わずかに残っているが、ほぼ絶望的。逆に最下位DeNAには5ゲーム差で、調子を落とせば、最下位に落ちる恐れもある。

 ここ数年、成績にかかわらず、熱狂的な声援を送り続けてきた関西の虎ファンだが、さすがに今季の不振ぶりにソッポを向いてしまった格好。

 観客動員に限らず、在阪の民放各局の阪神戦中継の視聴率も苦戦している。4月までは平均視聴率が10%を超えていたが、5月以降は1ケタ台が続いている。もはや、ダメ虎ではファンも見放してしまったということか…。
(落合一郎)

関連記事


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ