search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 2つの熱愛報道からわかるジャニーズタレントの格差

2つの熱愛報道からわかるジャニーズタレントの格差

 ジャニーズ内格差は広まるばかりか。ジャニーズタレントの熱愛を「女性セブン」(小学館)が2週続けて報じたが、この2つの熱愛を扱う温度差は雲泥のものだった。

 先月にはSMAPの草なぎ剛が30代の一般女性と熱愛中と報じられ、今月に入ると、嵐の二宮和也が「news every.」に出演する伊藤綾子アナとの交際が報じられた。この2つの熱愛話について、あるワイドショー関係者は「草なぎさんの方は翌日の朝刊スポーツ紙が後追いしたものを読んで『こう報じられました』という事実を伝える形で、オンエアできましたが、二宮さんのほうはまったくムリ。二宮の『に』の字でも言葉として出ようものなら、どうなるか分かっているのかという感じですよ。まったく触ることさえ出来ませんでした」

 この差についてあるスポーツ紙記者は「一応、草なぎの熱愛のほうは『セブン』にツーショット写真があったので、しょうがないから後追いOK。二宮のほうはツーショットの写真はないし、伊藤のマンションからの出入りの写真しかないから、決定的ではないということで後追いはNGになりました。まあでもあくまでも建前ですね。嵐に至っては次期社長のジュリー副社長の直轄タレントですから、何があってもNGですよ。一方のSMAPに関しては申し訳ないが、木村(拓哉)以外はうまくやっておいてという感覚。言い方悪いけど、ちょっとどうでもいいっていう扱いの感じはしますね。いまだ独立騒動の尾を引いているのは間違いないです」

 仕事面など表面的なものはうまく行っているように見えるが、片や守られ、片や放置プレー。まだまだ傷跡は深い。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ