search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 総理の交代で“政治的発言”も出馬もなくなりそうなキョンキョン

総理の交代で“政治的発言”も出馬もなくなりそうなキョンキョン

pic pic

提供:週刊実話

 女優の小泉今日子(54)が20日、オンラインイベント「いぬねこなかまフェス2020〜動物愛護週間にオンラインで集まろう〜」に出演した。

 一部スポーツ紙によると、同イベントは、犬や猫との接し方や、動物を飼育する時の正しい知識を広めるもの。小泉のほか、女優の浅田美代子(64)やタレントの清水ミチコ(60)ら動物好きのゲストが出演。

 愛猫家の小泉は3回目の出演で、猫の写真をバックに「黒ネコのタンゴ」などを披露。「出会ったからには家族のように大切にしていただきたいです」と愛護を呼びかけたという。

「以前はそこまで愛猫家キャラを押し出していなかったが、おそらく、何らかの形で今後の仕事につなげようとしているのでは。8月には無観客の配信を行い、8年ぶりに歌手としてステージに立ったが、どうやら、個人事務所の経営が苦しいようだ」(テレビ局関係者)

 小泉といえば、18年1月いっぱいでデビュー以来所属していた事務所から独立。その際、不倫関係にあった俳優の豊原功補(54)との関係を公表。

 ただでさえマイナスの状態に加え、今年5月には自身のツイッターで「#検察庁法改正案に抗議します」とつぶやきネット上での騒動を“扇動”。その後も政治的発言を繰り返し、一部週刊誌では「共産党から出馬」を報じられるも真っ向から否定していた。

「おそらく、安倍政権に対して不満を抱えていたのでは。総理が交代してしまった今、まったく政治に対して興味がなくなってしまったのでは。それに付随して出馬もないだろう」(芸能記者)

 今後は芸能活動に打ち込むことになりそうだ。

芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ