search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 菅官房長官に「二番にわざといるけど、ほんまは一番」ナイナイ岡村の発言に納得の声

菅官房長官に「二番にわざといるけど、ほんまは一番」ナイナイ岡村の発言に納得の声

pic pic

岡村隆史

 9月3日深夜放送の『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)で、安倍晋三首相の辞任について語られた。岡村隆史は「まさか辞めはると思ってなかったんですけど、これからよくよく考えると大変、次にやられる方なんかも」と話し、自民党総裁選の話題へと移った。

 >>チュートリアル徳井が地上波テレビ復帰 ナイナイ岡村「俺も説教くらってんから!」と激励<<

 有力候補と言われるのは、安倍政権下で長らく官房長官を務めてきた菅義偉氏だ。岡村は「一応、菅さんと言われてますけど、普通に考えたらバリア張ってる人とかあかんのね。メシとか絶対食いに行かなあかんやん。いろんな人と」と総理大臣に社交性が求められる話を改めて確認。岡村自身、そうしたことを苦手とするため、総理大臣の激務を大変と感じているようだ。

 このほか、アメリカのトランプ大統領、ロシアのプーチン大統領などとも、「イチから関係を築き直す」大変さについても岡村は憂慮していた。

 さらに、話題はワイドショーなどで伝えられる、菅氏の人柄に。矢部浩之は「学生時代から、二番手に付く、二番手でまとめるのがうまいって言われてるけど、いやこれから一番手なんのよ。その褒め方はどうなんやろうな」と鋭いツッコミを浴びせていた。だが、岡村は「何となく二番手言うてるけど。多分一番やって、そういう人は。何となく自分が二番にわざといるけど、ほんまは一番なんやろ」と、かなりの実力者ではないかと予測していた。

 これには、ネット上で「本当は一番って確かにありそう」「神経は図太そうってのはあるな」といった声が聞かれた。菅氏が務めた官房長官は、連日の会見などを見てもわかる通り、かなりの激務だ。それを長年務めてきたのは、やはりただ者ではないのだろう。

 自民党総裁選は菅氏の優勢が伝えられている。だが、安倍政権の後を担うだけあって、厳しい批判も予想されるため、菅氏がどのような実力の持ち主なのかは気になるのだろう。そうした部分を、ナイナイの2人も気になっているようだった。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ