search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 浜崎あゆみへの“依存度”が高まったエイベックス ドラマ便乗の新人売出しは逆効果?

浜崎あゆみへの“依存度”が高まったエイベックス ドラマ便乗の新人売出しは逆効果?

pic pic

浜崎あゆみ

 5月18日付の「オリコン週間デジタルアルバムランキング」(集計期間4~10日)で、浜崎あゆみのシングルコレクション・アルバム「A COMPLETE~ALL SINGLES~」が1位を獲得した。

 週間DL数は1468DLで、累積DL数が7万9806DLとなり、前週の3位から1位に上昇。デジタルアルバムランキングでは自身初の1位を獲得した。

 同アルバムは、08年9月22日付の「オリコン週間アルバムランキング」で1位を獲得したシングルコレクション・アルバムのデジタル版。

 浜崎のデビュー10周年を記念し、デビュー曲「poker face」から「Mirrorcle World」までのシングル曲43曲がリマスタリング収録されている。

 浜崎といえば、ノンフィクション作家・小松成美による浜崎のデビュー秘話を描いた小説を原作に、オリジナル要素を盛り込んだテレビ朝日系ドラマ「M 愛すべき人がいて」が4月18日からスタート。

 ドラマはネット上でも話題になり、主題歌に代表曲「M」が使用されたこともあり、同ランキングで上昇を重ねていた。

 「ドラマは浜崎をなんとか再浮上させたいという、15日にCEO退任を発表したエイベックスの松浦勝人会長の肝いり。アルバムの1位獲得でその狙いは当たった」(芸能記者)

 エイベックスの新世代アーティスト8組17人が、90年代のヒット曲をカバーしたコンピレーションアルバム「avex revival trax」が13日に発売。同ドラマで主人公・アユを演じる歌手・安斉かれんは、「m-flo」の「come again」をカバーしているのだが…。

 「ドラマに便乗しようという狙いがバレバレだが、そこまで売れるはずがない。このところ、新しいアーティストは育っておらず、新型コロナの影響で主力アーティストたちの新曲、ニューアルバムの発売も難しい状況。そんな状況なので、浜崎への“依存度”が高まってしまったようだ」(音楽業界関係者)

 ドラマの影響力は思った以上だったようだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ