search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 数々の作品で公演も“薄幸女”のイメージをぬぐえない夏帆

数々の作品で公演も“薄幸女”のイメージをぬぐえない夏帆

pic pic

提供:週刊実話

 女優の夏帆(28)が主演する映画「Red」(三島有紀子監督)の公開記念舞台あいさつが22日、都内で行われた。 同映画は、同名官能小説が原作。平凡な主婦(夏帆)が、10年ぶりに、妻夫木聡(39)演じる最低で最愛の元カレと再会し、情熱的な愛に落ちていく姿を描いている。

 各スポーツ紙によると、夏帆は「監督から『今までに見たことのない夏帆が見たい』と言われて、とにかく悩んで葛藤した」としながらも、「役に没頭できて幸せな時間でした」と撮影を振り返ったという。

 濃密なラブシーンなどに挑戦したとあって、「30代に向けてのターニングポイントになった」と新境地に手応え。

 そんな夏帆を妻夫木は、「夏帆ちゃんは弱さを出せる人。弱さをちゃんと出せる人はいないし、そういう人ほど強い。目の前の役に逃げず、挑んでいた。また共演してください」と絶賛したというのだが…。

「数々の作品で好演し、さらには数少ない“脱げる女優”の夏帆。しかし、マッサージ嬢への性的暴行で公判中の新井浩文被告と交際していたイメージが強く、そんな経緯からすっかり“薄幸女”のイメージが定着。なかなか映画賞にも恵まれない」(映画ライター)

 妻夫木といえば、逮捕こそされなかったが、一部で自宅に呼んだマッサージ嬢への“おイタ”が報じられたことがあった。

 共演した夏帆は複雑な胸中だったに違いない。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ