search
とじる
トップ > スポーツ > 中日 鳥谷敬1600万円で獲得へ2年後に阪神復帰の密約説

中日 鳥谷敬1600万円で獲得へ2年後に阪神復帰の密約説

pic pic

提供:週刊実話

 屈辱の5位に終わった昨季から巻き返しを図る中日ドラゴンズが、昨季限りで阪神タイガースを退団した鳥谷敬内野手(38)の獲得に舵を切った。松坂大輔と同じ一軍最低保証額の1600万円で契約し、2年後に指導者として阪神に送り出す“密約”情報も…。引退回避に滑り込みセーフ!

 プロ野球のキャンプインが2月1日に迫る中、阪神のレジェンド・鳥谷の去就が最終局面を迎えている。阪神から引退勧告を受けながらも現役続行を希望し、自由契約の身となった“ミスタータイガース”。退団当初はロッテ、ヤクルト、広島、横浜DeNAなどの複数球団が獲得に興味を示したが、4億円の高額年俸がネックとなり、具体的な動きはなかった。

 そんな状況に、鳥谷は昨年末、関西テレビで放送された『こやぶるSPORTS大忘年会』に出演し「他の球団から声がかかるのを待っている状態」と説明。「当然、声をかけてもらえればそこでやりますし、声がかからなければ辞めるという感じですね」と引退の可能性も示唆していた。

「巨人を戦力外になりながら現役続行を希望した村田修一は結局、NPBから声がかからず、独立リーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団、半年ほどプレーして引退した。昨年、阪神を戦力外になった西岡剛も行き着いたのは栃木だった。しかし、早大、阪神と常にスター街道を歩んできた鳥谷に、都落ちの選択肢はない。すべての条件を取り払ってもNPBに留まり、阪神首脳を見返したい、その思いでいっぱいのようだ」(阪神OBの野球解説者)

 そこに目をつけたのが中日だと、スポーツ紙記者が明かす。

「中日は、年俸4億円だった松坂大輔投手を’18年、96%減という一軍最低保証額の1500万円(当時)で獲得。その時も契約したのは1月23日で、キャンプインが1週間後に迫った慌ただしい時期でした。今回もまた、お得意の『閉店間際の買い叩き』で、前年の年俸4億円の鳥谷を一軍最低保証額の1600万円で獲得し、1月中に契約する準備を進めているのです」

 これまで各球団が鳥谷獲りに尻込みしていたのは、鳥谷の代理人サイドが「年俸2億円、2年契約、シーズン80試合以上の出場機会」という高飛車な条件を示していたことにあったという。しかし、鳥谷はそれをすべてゼロベースに戻した。ただ、中日関係者によれば、「これだけは譲れない」との条件付き。それは阪神との友好な関係を保ち、将来の居場所に含みを持たせたのだ。

「引退勧告という冷酷な切り捨てをされたが、鳥谷は阪神と喧嘩別れしたわけではない。現役引退後は阪神のコーチ、監督として縦ジマのユニホームを着ることを望んでいる。阪神の生え抜きで2000安打を達成したのは藤田平元監督と鳥谷だけ。他球団でもうひと花咲かせ、指導者として帰還する鳥谷に期待するファンは多い」(前出・解説者)

 そこで、「将来、阪神に戻れる環境を整えてほしい」と訴えているのだ。

 その道筋をつけるべく阪神首脳と折衝しているのが、中日の元エースで、昨年の秋季キャンプから阪神の臨時コーチを務める山本昌氏。1月8日には兵庫・鳴尾浜で始まった阪神の新人合同自主トレを電撃訪問し、視察に訪れた矢野燿大監督と情報交換。現役時代は中日でバッテリーを組んだ仲で、気心は知れている。

「山本氏は今春キャンプも約1カ月に渡って帯同する。藤浪晋太郎など主力投手陣を指導するようだが、今回、新人の合同自主トレに駆けつけたのは別の目的がある。それが、鳥谷の中日入りの根回し。事前に仁義を切り、鳥谷が気を揉む将来の阪神復帰がスムーズに運ぶように働きかけ、球団首脳の反応を探ったらしい。いい感触が掴めた旨を鳥谷に伝え、中日入りが一気に加速。阪神にとっても今季の中日戦はドル箱となり、最高の結末だと歓迎している」(スポーツ紙デスク)

 本来なら、昨季で引退した巨人の阿部慎之助のように、引退勧告した際に将来の監督を目指させ、二軍監督や一軍コーチ就任を要請すれば、こんな事態に発展しなかったはずだ。だから、いったん中日が引き取り、虎復帰を仕切り直すという申し出は渡りに船だろう。

 中日にしても、年俸1600万円なら、関連グッズだけで元が取れる。戦力的にも、チームリーダーの高橋周平と京田陽太が三遊間を組み、勝負強い阿部寿樹が二塁にいるものの、ユーティリティープレーヤーの鳥谷に期待するところは大きい。さらに、’18年のドラフト会議で4球団競合の末、中日に1位入団した“金の卵”根尾昴遊撃手もおり、スタイルの似た鳥谷には専属コーチの期待プラス精神的支柱にもなりうるなど、メリットは計り知れない。

 そんな中、親会社の中日新聞社が、名古屋国税局の税務調査を受け、’19年3月期までの4年間で約1億4300万円の申告漏れを指摘されたことが明らかになった。この件で読者の批判を浴びている中、「第2の松坂」を獲得できれば、ファンの支持を取り戻すことが出来るだろう。

 今季が3年契約の2年目となる与田剛監督は、2021年まで指揮を執る。その後は、立浪和義氏の「監督就任論」が高まっており、チーム体制が変わる。松坂がそうだったように、鳥谷もまた中日で2シーズンプレーした後、古巣阪神に送り出すことになりそうだ。

関連記事


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ