search
とじる
トップ > レジャー > 「拮抗し少頭数は危ない」ジューンステークス 藤川京子の今日この頃

「拮抗し少頭数は危ない」ジューンステークス 藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 少頭数ですが、それはそれで予想としては買い目を絞りたくなるので難しいものですね。メンバーを見ると、サトノソルタスが2400mの青葉賞も6着で、タイムだけ見ると4着と同タイムだったので、同じ評価が出来そうです。共同通信杯は1800mで2着だったので、今回の2000mは距離的には大丈夫だと思いますが、府中ステークス組の2、4着だったシンギュラリティとスパイラルダイブがそこそこのタイムだったので、侮る事は出来ません。

 それに、今の東京はタイムが出やすいので、タイムだけを見れば斤量55kgではありましたが、サトノグランの方が上ですし、前走が阪神だったジークカイザーも、東京の持ち時計を見ると悪くはありません。思ったより力の差は無いように思えますが、器用な競馬をするのはやはりシンギュラリティでしょう。

 また、ヒストリアも調子を上げてきていますので、前走の末脚は好タイムで勝ちました。そうなると、後ろから上がって来るのは、ヒストリアとシンギュラリティだと思います。最近の東京は、前が止まらない可能性も高いと思っての予想も必要なので、端を切る馬を特定したいのですが、前に拘る馬が見当たりません。

 そうなると、譲り合ってペースが遅くなると思います。その場合は、末脚組は思わぬ苦戦を強いられるでしょう。力も拮抗しているので、位置取りが凄く大切です。中段より前に置いた方が良い気がします。そうなると、やはりシンギュラリティが良いと思います。

 しかし、ジナンボーが前走は珍しく、後ろからの競馬で成績が良くなかったので、今回はいつもの様に前で競馬を進めてきたらサトノソルタスが良さそうですが、前走を見ると、サトノグランの方が期待したくなる理由が、前走は前に出せず追い出しが遅れたので5着でしたけれど、それが無ければ馬券に絡んだと思いますので、近走の着順から人気が落ちると思いますし、少頭数で人気馬にオッズが奪われそうですから、穴馬を狙います。
ワイドBOX 3シンギュラリティ、10ヒストリア、5サトノグラン、9ジークカイザー

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ