search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 描かれることがない『全裸監督』のその後の物語 ドラマとは違う壮絶な後日談

描かれることがない『全裸監督』のその後の物語 ドラマとは違う壮絶な後日談

pic pic

山田孝之

 今年話題になった映像作品の一つが、動画配信サービス・Netflixで8月8日から配信がスタートしたドラマ「全裸監督」だ。

 バブル景気に湧く1980年代の日本を舞台に、「アダルトビデオの帝王」と称された村西とおるさんを、本橋信宏氏の著書「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)を原作としながら、虚実交えて描いた同ドラマ。

 俳優の山田孝之が村西さん役を好演したが、たちまち口コミで評判が広がり、配信から半月足らずで続編の制作が発表されていた。

 「続編は来年の3月から撮影予定で、ヒロイン役の募集が始まっています。『全裸監督』ではヒロインに当たる伝説のAV女優・黒木香さん役を森田望智が体当たりで演じましたが、続編のヒロインオーディション合格者は村西氏の妻となる元AV女優の乃木真梨子さんを演じることになります」(芸能プロ関係者)

 どうやら、続編に黒木さんは登場しないようだが、描かれることのない、「全裸監督」のその後の物語はなかなか壮絶だったようだ。

 「物語の最終回は形的には“ハッピーエンド”だった。しかし、黒木さんは村西氏と愛人関係にあり、村西氏が経営する会社の役員になったり、経営した高級焼き肉店のママとなったが、その後、村西氏と破局。黒木さんは94年に東京都中野区のホテルの2階から飛び降りた、と報道されたが本人は否定。酒に酔って転落し負傷したというのが真相のようだが、村西氏と破局した後は酒に逃げる生活を送っていたようだ」(当時を知るAV業界関係者)

 そして、2004年4月、黒木さんは引退後の雑誌での消息記事や出演アダルトビデオ作品の再版がプライバシーおよび肖像権の侵害に当たるとして、損害賠償を求めて複数の出版社やDVD販売会社を提訴。ほぼ全面的に勝訴していた。

 以後、その近況については知られていないが、黒木さんの「全裸監督」に対する評価が気になるところだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ