【RIZIN】“大本命”RENAが浅倉カンナに敗れる大波乱も「私は大丈夫!」

スポーツ 2018年01月04日 13時15分

【RIZIN】“大本命”RENAが浅倉カンナに敗れる大波乱も「私は大丈夫!」

『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 2nd ROUND/Final ROUND』
▼12月31日 さいたまスーパーアリーナ
観衆 18.316人

▼女子スーパーアトム級トーナメント決勝 RIZIN 女子MMAトーナメントルール 5分3R 49kg
●RENA(1R 4分34秒 チョークスリーパー)浅倉カンナ○
※浅倉が優勝

 「みなさんどうしたんですか?」

 インタビュールームに現れたとき、報道陣の微妙な空気を感じたRENAは笑顔で逆に問いかけてきた。

 現在のジョシカクブームをRENAが築き上げたのは、言うまでもない。昨年末もRIZINを中継しているフジテレビ以外の番組に出演したり、ラジオなど露出も増やして、「次は年末に試合があります」と練習の合間を縫っては全力プロモーションに励んでいた。

 しかし、RENAには「ここまで持って来たのは私」という自負がある。だからこそ、後ろを向いて落ち込んでる場合じゃない。

 「負けたのは本当に久しぶりなので、みんなが腫れ物に触るように気を使ってくれて。でも、出し切ったので、2年で準優勝まで来て、もちろん優勝を望んでいたけど実際は甘くない。負けても報道されるくらいの女じゃないと」

 榊原信行RIZIN実行委員長は「RENAは負けて人気が上がったんじゃないですか」と話していたが、試合後の笑いも交えた会見は、誰もがファンになってしまうようなRENAの人間性が現れていたように思う。

 RENAを倒したニューヒロイン浅倉カンナのチョークスリーパーで「人生で初めて落ちた」と振り返っていたが、RENAは浅倉に「私は必ずやり返すから」とリベンジを告げてからリングを降りている。「さすが姐さんです」と言い返した浅倉とのストーリーが、2018年ジョシカクの軸になっていくのは間違いない。

 「決勝もイケるかなと思ったら、そこからおかしくなった。それがMMAの難しさ。悔しいけど、まだ2年なので、私のストーリーが面白くなるのはこれからです」

 RENA敗戦は生中継で観戦していた視聴者の反応も凄く、試合後にSNSがこのニュース一色になってしまうほどの衝撃だった。それは会場でも同じ。表彰式には「私はクサってないよ」という気持ちで立ったという。

 負けず嫌いのツヨカワ女王はまだまだ進化していく。

取材・文・カメラマン / どら増田

ピックアップ
復活を遂げた松坂大輔 未来へのさらなる期待

復活を遂げた松坂大輔 未来へのさらなる期待
2018年11月16日 21時30分 [スポーツ]

スポーツ新着記事

侍ジャパンの弊害 ライバル球団に情報が漏洩していないか?
2018年11月16日 17時45分

日米野球全日程が終了 大会MVPはどうなる?
2018年11月16日 17時15分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る