search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 変わる紅白歌合戦

変わる紅白歌合戦

 先日、白組・嵐と紅組・松下奈緒が司会をつとめることが発表されたおおみそかの「第61回NHK紅白歌合戦」。昨年に比べて放送時間が15分短縮されるが、この15分のおかげで大きく変わってしまうようだ。

 「放送時間短縮に伴う出場枠の削減がなされ、演歌歌手の枠を男女4組ずつ、計8組も減らすという。昨年は演歌歌手が16組出場したから、半減させられる。その代わり、嵐の司会にともなってジャニーズ事務所の枠が大幅に増える」(NHK関係者)
 昨年は北島三郎が大トリをつとめ、今や紅白の風物詩となった小林幸子と美川憲一の豪華衣装対決などが盛り上がったものの、「伍代夏子、中村美律子、北山たけしらは大したヒット曲もないのに、事務所の力などで出場。歌手別視聴率も大して取れていない」(同)というから、演歌枠が削減される要因はあったが、今年、出場“当確”と言われる演歌歌手は誰か?
 「紅組だと昨年『また君に恋してる』がヒットした坂本冬美、同じく昨年『愛のままで…』がヒットした秋元順子、CDの売り上げが安定している水森かおり、常連の石川さゆり。白組は大トリを何度もつとめた北島三郎に五木ひろし、安定した人気の氷川きよし。残り1組を森進一と細川たかしが争う形になりそう。小林と美川は対決がすでにマンネリ気味で、互いにヒット曲がないので落選濃厚と言われている」(レコード会社関係者)

 では、演歌歌手に変わって大きく枠を増やすと言われるジャニーズ事務所の顔ぶれは?
 「司会の嵐、昨年も出場したSMAP、TOKIO、NYC boys、今年芸能生活30周年を迎えた近藤真彦、総合司会をつとめると言われている有働由美子アナとともに朝の情報番組『あさいち』の司会をつとめる井ノ原快彦がメンバーのV6の6組が出場する見込み」(同)
 放送時間短縮のあおりでなぜか演歌枠が減ってジャニーズ枠が増える今年の紅白。お年寄りの“紅白離れ”が加速しそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ