search
とじる
トップ > 社会 > 大阪府警の巡査長が捜査車両内で女性に“開チン”!

大阪府警の巡査長が捜査車両内で女性に“開チン”!

 もう、なんとも情けないというしかない。露出癖のある男が自身の下半身を女性に見せる事件は少なくはないが、よりによって警察官が勤務中にやるとは開いた口がふさがらない。

 大阪府警は11月1日、捜査車両内で下半身を露出し通行人の20代の女性に見せたとして、公然わいせつの疑いで府警吹田署警備課の男性巡査長(32)を書類送検し、減給10分の1(6カ月)の懲戒処分とした。 巡査長は依願退職した。

 巡査長の送検容疑は7月27日午後5時40分頃、捜査車両で調査に出た際、同府吹田市の路上に駐車して1人で待機している際に、通行人の女性にズボンのファスナーを下ろして下半身を見せた疑い。

 女性たちの様子を目にした巡査長は、慌てて車で逃走。捜査車両は国産のワンボックスカーで、巡査長の服装も私服だったため、女性はこの男が警察官だとは認識していなかったもよう。

 女性は数人の友人と一緒だったが、すぐに巡査長の勤務先でもある吹田署に通報した。女性たちが捜査車両のナンバーを覚えており、露出男の身体的特徴などから、巡査長の犯行であることが発覚した。

 当初は容疑を否認していた巡査長だが、「性的興奮を感じたいと思った。ゆがんだ性癖を抑えることができなかった」と認めた。

 巡査長は08年春から警備課に勤務し、普段は祭りなどの警備や、災害救助などに従事。本人の供述によると、10年以降、市内の駅前など人通りの多い場所で、10件程度同様の行為を行ったと話している。
(蔵元英二)

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ