search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 戸田恵梨香“男断ち”で挑むNHK朝ドラ「いつまで持つか」心配の声

戸田恵梨香“男断ち”で挑むNHK朝ドラ「いつまで持つか」心配の声

pic pic

提供:週刊実話

 9月30日にスタートした戸田恵梨香主演のNHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』。前作『なつぞら』が20%超えの高視聴率だったため、戸田に余計な重圧がかかっている。

 「広瀬すずがヒロインを務めた『なつぞら』は朝ドラ100作目ということもあって、歴代ヒロインが大挙して出演しました。『スカーレット』は知名度が低い女性陶芸家がモデル。題材が地味過ぎて視聴率が危ぶまれているのです。戸田がその重圧に押しつぶされるのではと心配されています」(ドラマ制作会社スタッフ)

 初回視聴率は20.2%、第2回19.2%、第3回20.6%…と、まずは好発進。ちまたで「2年周期で男を代える恋愛依存体質」といわれる戸田は昨年夏、“男断ち”を決意しただけに意気込みが違う。

 「彼女は人気ドラマシリーズ『コード・ブルー・ドクターヘリ緊急救命3rdシーズン』(フジテレビ系)で共演した5歳年下の成田凌と交際していました。しかし、朝ドラ視聴者はゴシップを嫌う主婦層が多い。インスタグラムを全削除した上、成田とも別れました」(飲み友達の女性モデル)

 戸田は女性陶芸家役を演じるにあたり約3カ月間、陶芸を習った。また役柄に説得力を持たせるため、体重を5キロ以上増やしたという。

「以前はドラマ収録中であろうと、親しいお笑い関係者や女友達を呼んで繁華街のバーで朝まで大騒ぎしていました。今はピタッと遊びもやめています。女優魂に火がついたのでしょう」(ドラマ関係者)

 仕事に集中する戸田だが、問題は今後の視聴率だ。

 「朝ドラ101作目の『スカーレット』は新たなスタートを切る注目作。『なつぞら』と同じくらいの数字を取らないと、女優としての評価が下がる。20%割れが続いたら戸田は“男断ち”している分、イライラが増すかもしれませんね。ドラマで戸田と共演したことのある堤真一は“この人が機嫌が悪くなると現場が進まない”と嘆いていました。共演者やスタッフは戸田の機嫌を損ねないよう、細心の注意を払っていますよ」(同・関係者)

 戸田の“決意”は功を奏するか?

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ