search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 結婚で“削除”された広末涼子の夫のインタビュー

結婚で“削除”された広末涼子の夫のインタビュー

 女優の広末涼子と結婚したキャンドルアーティストのキャンドル・ジュン氏。ジュン氏は全身タトゥーに右耳に巨大なピアスという風貌だけに、「外見も一般的でなく与えてしまう印象もマイナスなことも多いはず」と自らの外見を気にしているが、広末を気遣ってかマイナスイメージの払しょくに頭を悩ませているようだ。

 サーファーやボディボーダーの視点から海辺の環境保護活動を行なっている団体「S.F.J」のサイトには08年に大阪で行われたジュン氏のインタビューが掲載されている。
 インタビュアーから「JUNEさんと呼ばせて頂いて良いですか?」と聞かれたジュン氏は「ジュンジュンで。笑」。外見とは裏腹になかなか気さくな人のようで、このギャップに広末が引かれたことを想像させる。

 サーフィンを始めたきっかけについてジュン氏は「きっかけは、周りにサーファーが沢山いて、そのすすめです。キャンドルを灯して旅をしてるんですけど、9/11(の米・ニューヨークの同時多発テロ)以降それがすごくストイックな旅になってきて、戦争とかテロが終わるまでは、もう酒もタバコも全部やめる!って言ったことから、ますますストイックになっていき、そしたら友達がたまたまボードをL.Aからもって帰って来たのを、良かったら譲ってくれるって言うので始めました」と発言しているが、結婚発表後、この部分に修正が加えられていたというのだ。

 「結婚発表までは『戦争とかテロが終わるまでは、もう酒もタバコもドラッグも全部やめる! って言ったことから〜』となっており、以前、ドラッグを使用していたことをにおわせていた。ところが結婚発表後『ドラッグも』の部分が削除された。明らかに広末サイドに気を遣っている」(週刊誌記者)

 ジュン氏の結婚後初仕事は山梨のレイブパーティーでのキャンドル灯火だったというが、「野外のレイブパーティーはここ数年、警察のマークが厳しく、大量に薬物での逮捕者が出ている。決してイメージはよくない」(同)というだけに、今後もいろいろとジュン氏の言動が“制限”されることになりそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ