search
とじる
トップ > レジャー > 「左回りのダンディー」マレーシアカップ 藤川京子の今日この頃

「左回りのダンディー」マレーシアカップ 藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 左回りの東京だけ走ってるサトノソルタス。色々あってまだ4戦ですが何とかここ迄来ましたが、初の遠征はやっぱり左回りの中京競馬場です。もしかしたら、東京より中京の方が負担が少ないと思ったかどうかは知りませんが、これで上手く行けば本格的に始動するかもしれない良血馬です。鞍上はM.デムーロ騎手で、万全の態勢です。前走では1年の休養明けから津村明秀騎手が馬場不良でしたけれど、様子を見ながら大切に乗って3着。今回は思いっ切り走ってくると思います。

 それに対して、カヴァルも左回りで好成績を収めています。鞍上もダービーを勝ってから何かの呪いから解かれたような、快進撃している福永祐一騎手。この馬は初めての騎乗ですけれど、末脚を決めてくると思います。更に、中京だけ成績が良いアロハリリーも左回りのダンディーかもしれません。いや、失礼しました牝馬でしたね。それでも相性の良いコースと言うのは凄く大切です。好きな所で走らせてあげるのも大切だと思います。馬は、人よりも繊細な動物です。私達では感じ取れない空気感やコースの形が、走りやすさや、やる気になる原因があるのかもしれません。

 逆に右回りしか走っていないメサルティム。今回が左回りデビューです。左回りの実績がないから駄目と言う事はありません。偶々、右回りの方が良いと思われていてだけかもしれないし、もしかしたら左右関係ない馬の可能性も十分あります。それよりも当日の馬場が良馬場とは限りません。この時期ですから雨の可能性もあります。そうなると、重馬場実績を考慮すれば、この馬には3戦の稍重馬場で3回の複勝実績があります。鞍上も浜中俊騎手で、先日も人気薄の馬で、ダービージョッキーの称号を勝ち取った強運を持っています。ここも強運を発揮するかもしれません。

 それと、アフリカンゴールドが復活の兆しがあります。中京で2200mでは好タイム実績があるし、地方競馬でも絶好調の川田将雅騎手です。ここも要注意です。少頭数ですけれど、それほど力差は無いのかもしれないので、逆に多点買いで勝負です。

ワイドBOX 5、3、2、4、6

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ