search
とじる
トップ > 社会 > 原発会見でおなじみの西山審議官が“女性問題”でクビ!

原発会見でおなじみの西山審議官が“女性問題”でクビ!

 福島原発に関するマスコミへの会見で、スポークスマン役として、すっかりおなじみになっていた経済産業省原子力安全・保安院の西山英彦審議官(54)が、6月29日、広報役を更迭された。西山氏は同日付で保安院付けをはずれた。後任の森山善範・原子力災害対策監によると、「(女性問題を巡る)各種報道を受け、報道業務に支障を生じる懸念がある」と説明した。

 西山氏は福島原発事故から、ほどなくしてスポークスマン役を担当。事故当初は連日にわたって、テレビでもその姿が流され、一躍時の人となり、一部では頭髪に関する疑惑も、まことしやかに流れていた。報道陣からの厳しい質問にも、表情を崩さず冷静に対応し評価も高かった。

 ところが、6月23日発売の「週刊新潮」にて、不倫疑惑が報道された。同誌によると、相手は経産省職員の20代独身女性で、都内ホテルのバーで会い、その後、深夜の路上でキスしたなどとされる。その女性とは約1年前から密接な関係にあったと報じられた。

 この報道を受け、西山氏はプライベートなこととして、事実関係についてはコメントしなかったが、「深く反省している。身を正して参りたい」と謝罪。同省・海江田万里大臣からも、厳重注意を受けたことを明かした。今後もスポークスマン役を続けるものと見られていたが、更迭という断が下された。

 西山氏は東京大学法学部卒業、ハーバード大学法科大学院修了のエリートで、将来の事務次官候補と目されていた。今回の女性問題で、将来の出世にも響く恐れも出てきたようだ。
(蔵元英二)

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ