search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 「あさイチ」好調で評価高めたNHK・有働由美子アナ

「あさイチ」好調で評価高めたNHK・有働由美子アナ

 NHK朝の情報番組「あさイチ」(平日午前8時15分〜9時54分)が絶好調だ。

 同時間帯でライバル番組といえば、日本テレビ「スッキリ!!」、テレビ朝日「モーニングバード!」、フジテレビ「とくダネ!」といったところ。そのなかで、「あさイチ」はこの時間帯では、異例ともいえる視聴率13%前後を弾き出しており、他局の朝の情報番組を圧倒している。

 同番組でV6・井ノ原快彦とともにメーンキャスターを務めているのが、ベテランの有働由美子アナ(44)だ。

 有働アナは69年3月22日生まれ、大阪府出身。大阪府立北野高等学校を経て、神戸女学院大学文学部を卒業。

 91年にNHKに入局。最初の赴任地は地元の大阪。入局当初からスポーツを担当することが多かった。94年4月に東京アナウンス室に異動し、「NHKニュースおはよう日本」に抜てきされ、3年間出演。同番組を97年3月で降板し、同年4月から「サタデー・サンデースポーツ」のメーンキャスターを、5年の長きにわたって務める。

 02年4月〜06年3月まで、「NHKニュース10」を担当。04年3月まではスポーツ専任だったが、それ以降はスポーツに加え、メーンキャスターを兼任した。

 06年4月〜07年6月1日まで、人気番組「スタジオパークからこんにちは」の司会を担当し、新境地を開拓。

 07年6月より、アナウンサー職のまま、アメリカ総局(ニューヨーク)に異動。アナウンサー職のまま、特派員になる初めてのケースとなった。08年6月には管理職に登用された。

 帰国後の10年3月から、「あさイチ」を担当している。同番組では、スポーツ、報道に関わった時とは、また違う一面を見せている。

 40代ながら、昨年11月に調査されたオリコン「第9回好きな女性アナウンサーランキング」では、NHK局アナでは唯一、堂々の10位にランクインし、根強い人気を示している。

 01〜03年には「NHK紅白歌合戦」の紅組司会を、12年には総合司会を担当。10年2月のバンクーバー冬季五輪では閉会式のアナウンスを担当した。

 かつては、野球選手などとの交際報道もちょこちょこあったが、結婚には至らず、いまだに独身を貫いている。

 女子アナ・ウォッチャーのK氏によると、「ルックス的には特に秀でたものではありませんが、隣のお姉さん的な雰囲気が人気の秘密ではないでしょうか。アナウンサーとしては、硬軟自在の幅の広さが受けているのだと思います。NHKの人気ナンバー1の座は、いまでは不動のものでしょう」と語る。

 “NHKの朝の顔”といえる有働アナ、今後も頑張ってほしいですね。
(坂本太郎)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ