search
とじる
トップ > 芸能ネタ > TBS・田中みな実がライバル女子アナへ悪口言いたい放題(1)

TBS・田中みな実がライバル女子アナへ悪口言いたい放題(1)

 週刊文春(3月28日号)の行った女子アナアンケートでTBSの田中みな実アナ(26)が『嫌いな女子アナ』の第1位に選ばれた。同アンケートでは2年連続という“偉業”を達成。その嫌われぶりに、いよいよ拍車(!?)がかかってきた。
 「通常嫌われるというのは、その裏返しで、好きな人間がいる場合が多い。でも彼女の場合、さっぱり人気や好感度が高まらない。嫌いなキャラだけで知名度を上げている珍しい女子アナですね」(芸能ライター・蝦名康雄氏)

 説明無用だろうが、ウリは超のつくブリッ子。ことあるごとに「ミナミは、みんなのみな実」を連発し、思いっきりかわい子ぶるのが特徴だ。
 「同じくTBSで、現在フリーの小林麻耶(33)も同様のキャラで徹底的に嫌われた。そして社内イジメにも遭い、辞めざるを得なかった。でも田中アナは、そんなヤワなタイプではない」(TBS関係者)

 なにしろ傲慢で厚顔なところは「ミナミは〜」の甘え声からはとても想像できない。
 「超強気で、自分が気に入らないと露骨に文句を言う。とくに同僚には敵対意識が強く『サンデージャポン』で共演していた先輩アナ(現フリー)の青木裕子(30)が大嫌いで、陰で“エロ裕子”と呼んでいたのは有名な話。青木は3月に矢部浩之と入籍しましたが、田中アナは青木の過去の男性関係を飲み屋ネタにして大笑い。『これで裕子のエロも打ち止めね』とかケロッと言うんで、同席の田中シンパでさえ言葉に窮していたそうです」(前出・TBS関係者)

 青木が局を退職したあと、“新天敵”とクローズアップされているのが1年先輩の加藤シルビアアナ(27)だ。コトの発端は加藤アナだったとされる。彼女は、出演した自局のラジオ番組で真意は不明だが、「みな実が嫌い」と発言。これが憎悪関係を生んだという。
 「加藤アナの発言は本音ですよ。彼女はポーランド人とのハーフ。欧州系の人間って田中アナに限らず、日本のブリッ子系を非常に嫌うんです。だから加藤アナはついつい口が滑った。ただ、この話を聞いたあとの田中アナの目は真っ赤になって吊り上がり、それこそブチ切れ状態。修復なんて絶対できないはず」
 とはテレビ雑誌編集者。
 「もともと田中アナは、先輩でも加藤アナを完全に格下扱いしているんです。だから『二軍のシルビーなのに生意気』と暴言を吐いた。相当根に持っているようで、最近でも『シルビーは“残り汁ビー”だから』と怒りがおさまる気配もない。他方で自らモテぶりを吹聴する枡田絵理奈アナ(27)とも仲が悪くて『“枡ダメ”、イッてるよ。鏡ないの』とかコキ降ろし。近く、どちらかと取っ組み合いのケンカになるでしょうね」(同)

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ