search
とじる
トップ > レジャー > 「それは、それは恐ろしいレースなんです」 中山記念 藤川京子の今日この頃

「それは、それは恐ろしいレースなんです」 中山記念 藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 強い馬達が揃いましたので、出走頭数が少なくなってしまいました。ディアドラ、ステルヴィオ、エポカドーロ、スワーヴリチャードこの4頭で決まりかなと思いますが、殆どの人がこの馬券を買うので、馬券的には旨味は少なくなります。しかし、見応えはあるレースです。有力馬は叩きの1戦のように思えますが、勝ちに行くと思いますので、ゴール前は熾烈な戦いになると思います。こんな時は、有力馬が力尽きて落ちて来る時もあります。

 斤量を考えれば、ラッキーライラックも見えてきます。中山は今回が初ですが、昨年2着の牝馬アエロリットは前走が秋華賞7着からの斤量55kgの参戦でした。まさかの1着の可能性は捨てられません。それと昨年の覇者ウインブライトも前走の中山で勝っています。昨年は2着からの1着です。相変わらず中山適性です。何しろ中山で馬券圏外になった事は皐月賞の1度だけです。ディアドラの末脚届かずの可能性も有り得ます。

 こうやって夢馬券を追うと、殆ど場合は碌な事にはならないのですが、ディアドラはドバイから帰国して次のレースでも普通に勝ってました。近走の実績を考えれば、ディアドラが飛ぶ夢は儚すぎるのかもしれませんが、展開では、強い馬達が牽制し合う展開になるでしょう。こうなると恐ろしいのは、マルターズアポジーの逃げも想定した方が良いと思います。それで昨年は、このレースで3着に残りました。

 昨年とはメンバーが違いますが、マルターズアポジー、エポカドーロの前残りと軽斤量のラッキーライラックの可能性も捨て切れません。中山は強い馬が届かない事が多い印象があります。血統的には過去10年で3回馬券に絡んだロゴタイプのローエングリン産駒も穴を開けているところを見ると、まさかのハッピーグリン。天気予報では当日は晴れのようなので、得意の重馬場にはなりそうもありませんが、血統的には良いと思います。

 人気で決まりそうで、よく見ると恐ろしいレースです。どの馬にもそれなりの根拠が見えてきます。

3連単フォーメーション
1着5、3
2着5、3、9、
3着5、3、7、8、9、10、1、2

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ