『江〜姫たちの戦国〜』第8回、硬軟織り交ぜた大地康雄の演技

トレンド 2011年03月02日 12時00分

 NHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』の第8回「母の再婚」が、2月27日に放送された。今回の見どころは柴田勝家役の大地康雄の、硬軟織り交ぜた演技である。

 「鬼柴田」の異名を持つ勝家には、勇猛果敢な戦国武将というイメージがある。一方で織田家筆頭家老の家格を鼻にかけ、羽柴秀吉を成り上がり者と軽蔑する頭の固い人物というネガティブ・イメージもある。これは勝者の歴史によって作られた面が強く、『江』では勝家の細やかな一面を描いた。

 前回放送では再婚を決めた市(鈴木保奈美)と、父は浅井長政だけという茶々(宮沢りえ)や初(水川あさみ)との対立が強調された。江(上野樹里)が「好きでもないのに嫁ぐのですか」と市に尋ねるなど、現代人感覚丸出しの三姉妹に「あり得ない」という声が強かった。

 今回は母娘の対決の続きが予想されたが、大地康雄が全て持っていった。市と三姉妹は勝家の居城である越前・北庄城に移るが、茶々や初は義父・勝家に反発し、江も勝家を父上と呼べなかった。強面で髭モジャの大地は織田家筆頭家老としての貫録があり、肖像画の勝家にも似ている。しかし、市や三姉妹への態度は完全に主君に対する家臣のもので、謙り過ぎている。鬼柴田が形無しである。

 三姉妹の冷たい態度を詫びる市に対し、勝家は秀吉に織田家を私物化させないために嫁いだ市の本心を見抜いた上で、「爪の先ほどでも、(自分を)好いていただくわけには参りませぬか」と懇願する。市自身も勝家を家族と見ていなあったことを気付かされる。

 さらに勝家は馬に乗って城を出て帰ってこなかった江を必死に探し、翌朝ひょっこり帰ってきた江を叱りつけるシーンで父親の威厳を見せた。まるで昭和ドラマの家出した娘を徹夜で探し回る父親を彷彿させるような演出である。勝家の真心に茶々(宮沢りえ)らも心を開き、家族として一つになる様子が微笑ましい。

 この勝家と対照的に描かれた人物が秀吉(岸谷五朗)である。戦国三英傑の中で秀吉を貶めることは大河ドラマの定番である。朝鮮出兵など晩年の悪政を踏まえれば妥当であるが、『江』での秀吉の小人ぶりは突出している。織田信長(豊川悦司)は天下の安寧を目指していた。また、徳川家康は北大路欣也の大御所的な演技によって初登場時から大物感が漂っている。

 これに対して『江』での秀吉はコミカルである。天下への野心も、市が秀吉に織田家を私物化させないために勝家に嫁いだことへの反発が出発点であった。信長の天下への思いとは比べようもない。この秀吉と勝家が次回に激突する。歴史を知っている視聴者にとって切ない展開になる。
(林田力)

ピックアップ

あの強打者と並び立つ偉業に?山田哲人が突き進む3度目のトリプルスリー
2018年08月14日 17時45分 [スポーツ]

トレンド新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る