search
とじる
トップ > レジャー > ロト7、再び17億円のキャリーオーバー発生! 今がリベンジのチャンス

ロト7、再び17億円のキャリーオーバー発生! 今がリベンジのチャンス

pic pic

写真はイメージです

 最高10億円の大チャンスとなっているロト7の抽選が3月22日に行われる。

 ロト7とは1〜37の数字から異なる7個の数字を選ぶ数字選択式宝くじだ。2013年4月から始まったロト7の人気は上々で、毎回コンスタントに20億円ほどを売り上げている。最大の魅力は、1等当せん金が見込み6億円から最高10億円に跳ね上がるキャリーオーバーだ。キャリーオーバーとは1等該当なしとなった場合や、当せん金額が定められた額を超えた場合に、次回の抽選に余ったお金を繰り越すシステムのことである。

 3月8日のロト7の抽選では、ロト7史上最高額となる35億円ものキャリーオーバーが発生。抽選の結果、1等最高額となる10億円が3口も出た。それでもなお、11億円を超えるキャリーオーバーが継続。翌週の3月15日の抽選では1等該当なしとなり、6億円が上乗せされ、現在17億円のキャリーオーバーが発生している。おそらく3月22日の販売実売額を考慮すると、当選口数が2口までなら、最高10億円のチャンスとなりそうだ。

 気になるのは実際に10億円を手にした人の声だ。彼らはどのように7つの番号を選んだのか。本人の本当の声か定かではないが、ネット上では「クイックピック(機械が自動的に選ぶ)ではなく自分で番号を選んでいた」「前回と違う数字を買うことを習慣としていた」「ネット購入で誤クリックしたらとんでもない幸運につながった」「前々回は10ケタ台が2つ、前回は3つという出目の流れから、この回は4つ出ると予想して数字を選んだら、見事に当選した」「会社や自分の年齢に関する数字を選んだ」などの声が寄せられている。これらの声から察すると、入念に対策を練って購入した人は少なく、ノリで買ったら当たってしまったという人が多い印象を受ける。

 ロト7の購入締め切りは3月22日の午後6時30分。タイムリミットまであとわずか。このビッグチャンスをモノにしたいなら今すぐロト7を購入しよう。

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ