search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 出版界が総出でオファーをかける“キンプリ”平野紫耀の魅力

出版界が総出でオファーをかける“キンプリ”平野紫耀の魅力

 数多くいるジャニタレの中で、デビュー2年目も変わらず勢いを増しているのが『King&Prince(キンプリ)』だ。8月には4枚目となるシングル『koi−wazurai』をリリースし、早くもミリオンヒットの勢いなのだ。そんなメンバーの中でも、断トツの人気を誇るのが平野紫耀(22)だ。

「公開された主演映画『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』は早くも大ヒットを記録し、前売り券の状況から興行収入は軽く30億円は超えそうです。“キンプリ”の中で、平野の人気に並ぶメンバーは誰もいないですよ」(芸能記者)

 平野の人気を裏付けているのが、出版社からのオファーの件数だ。

「今年7月以降、急激に増えているんです。なんでも平野が表紙を飾ると、雑誌が飛ぶように売れるのだそうです。特に女性週刊誌やファッション誌は奪い合い。ジャニーズ事務所の前で企画書を手に、順番待ちをしている大手出版社の女性編集者が取っ組み合いの喧嘩をしているそうです。下着が見えようが、一切関係ありません。とにかく『次の表紙はウチ』だと、互いに言い張っているんです。今では赤坂の名物になっています」(芸能関係者)

 ここまでして出版社が必死になるのも当然だという。
「平野が表紙だと、部数にして平均10万部くらいの差があるとか。金額に換算したら約1000万円の差が出るんです」(同)

 すでに出版界では、平野を“ミリオンダラーアイドル”と呼んでいるという。
「雑誌だけではありません。カレンダーも争奪戦です。平野単体でもバカ売れなんだそうです」(出版事情通)

 そんな平野には、唯一の弱点があるという。
「女性に弱いらしいんです。特に年上の…。押しに弱く、女性から口説かれると、断れないそうですよ」(前出・芸能関係者)

 平野にとって唯一の鬼門は、年上女性スキャンダルになりそうだ。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ