search
とじる
トップ > レジャー > ハッシーの地方競馬セレクション(10/22)「第18回鎌倉記念(SII)」(川崎)

ハッシーの地方競馬セレクション(10/22)「第18回鎌倉記念(SII)」(川崎)

pic pic

画像はイメージです

 終いの脚は切れたが・・・。先週大井競馬場でおこなわれた「第26回マイルグランプリ(SII)」。本命に推したノンコノユメは、スタートでやや出遅れると後方3番手の位置取り。向正面中ほどから仕掛け始め、4コーナーを上手く立ち回ると、直線は一頭だけ際立つ伸びを見せたものの、エンジンがかかるまでに時間を要してしまい届かず3着まで。上がりは次位と0秒9差もあり、如何に本馬の終いが際立っていたことか。ゴール板を過ぎてからも伸びていたように、距離がやや短かったのでしょう。次走距離を延ばしてきたら積極的に狙いたいですね。

 さて、今週は22日の火曜日に「第18回鎌倉記念(SII)」が川崎競馬場でおこなわれます。

 本命に推すのはインペリシャブルです。デビューから3連勝中の本馬。2歳のこの時期ということだけあって連勝馬は多いですが、その内容が圧巻。前走はまずまずのスタートを切るとスッと先頭に立ち、2番手の馬に突かれる場面があったものの落ち着いたレースぶり。直線では左にもたれながらも後続を突き放し、2着馬に2秒2もの大差をつける圧勝劇。バネがある走りに加え、1ハロン14秒台にペースを落としても掛かることなく、その後12秒台にしてもスッと反応できる操縦性の高さがあります。デビューから3戦すべてで左にもたれる面を見せているのは気になりますが、それでこれだけのレースができるのですからポテンシャルの高さは疑いようがありません。ここもしっかりと結果を残してくれることでしょう。

 相手本線はレイワデジタル。前々走はスティローザに敗れていますが、これはスタートで出遅れてダッシュが付かず、後方からの競馬となってしまい、道中追い上げるのに脚を使ってしまったため。まずまずのスタートを切った前走は、直線で早めに抜け出し目標にされながらも、2着馬が迫ってくると、もうひと伸びを見せ1着と力のあるところを見せました。スタートさえまともなら、今回のメンバーレベルでも十分勝負になるポテンシャルを持った馬だと見ます。

 ▲は道営で揉まれてきたイッキカセイ。

 以下、スティローザ、ヒイロメープルまで。

◎(8)インペリシャブル
○(9)レイワデジタル
▲(1)イッキカセイ
△(11)スティローザ
△(7)ヒイロメープル

買い目
【馬単】4点
(8)→(1)(7)(9)(11)
【3連複1頭軸流し】6点
(8)−(1)(7)(9)(11)
【3連単フォーメーション】9点
(8)→(1)(9)(11)→(1)(7)(9)(11)

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。学生時代大井競馬場で開催された大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後北海道へ渡る。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙に入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで推奨した4頭で決まり、3連単100万越えあり。

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ