search
とじる
トップ > レジャー > 「意外に前残りが多いんです」NHKマイルカップ 藤川京子の今日この頃

「意外に前残りが多いんです」NHKマイルカップ 藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 今年の全出走馬好走平均距離に近いのは15年のレースでした。このレース結果を見ると前走が1800m以上の距離を走って来た馬が3着までに絡みました。また、先頭の前残りの傾向もあります。これを踏まえて15年のレースに今年のメンバーを当て嵌めるとやはりギベオンが有力のようです。前走の毎日杯1800m2着ですし、他のレースも他馬より長い所を走って来て、好成績なので15年のレース展開に合うと思います。

 トーセンブレスも2走前は1800mで好成績だったので前走は桜花賞4着なので侮れません。タワーオブロンドンも1800m以上はありませんが6戦して馬券から外れた事はありません。パクスアメリカーナは15年と17年に馬券で絡んだクロフネ産駒でもあり、前走はタワーオブロンドンの僅差の2着です。穴はそれに次ぐ3着のレッドヴェイロンで2走前の1800mで未勝利ですが好タイムで勝っています。そして、ダートから来たミスターメロディは、前走のファルコンS芝を難なく勝ってしまいました。芝適性があると厄介な事になりそうです。

 東京に拘るならテトラドラクマも前で残れるタイム実績があります。ギベオン以外は混戦です。ここは、多く流して運にまかせる方法も悪くはありませんが、まだ3歳戦なので、行方を見守る方が良いと思います。

 上がり実績を見ればギベオン。未知数のミスターメロディのようなダートから来た馬が昨年は穴をあけました。阪神ジュベナイル、桜花賞が4着だったトーセンブレス。東京の末脚実績を見込んでタワーオブロンドン、産駒はクロフネの産駒のパクスアメリカーナ。そして前残りのテトラドラクマ。この6頭を展開でワイドBOXを3つに分けます。

末脚の展開なら9ギベオン、7タワーオブロンドン、トーセンブレス(出走せず)
荒れの展開なら16ミスターメロディ、10パクスアメリカーナ、3テトラドラクマ
これのタテ目で、9ギベオン、3テトラドラクマ、10パクスアメリカーナ

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ