連続不審死事件・両被告の末路

社会 週刊実話 2014年05月19日 16時01分

 東の木嶋佳苗被告(39)に西の上田美由紀被告(40)。連続不審死事件の被告である。小太りで容姿もイマイチでありながら、結婚を餌に男を籠絡、死に追いやった。そんな2人だが、一、二審とも死刑判決後にすかさず上告した。

 捕らわれの身となってからも、両者はパフォーマンスを演じている。木嶋は今年1月から「拘置所日記」を執筆。一方、上田も反省の素振りも見せず顔色さえ変えていない。
 「木嶋はネットの出会い系サイトや婚活サイトを利用して、事前に相手のステータスをチェック、プライドが高く女性からの頼みを断れないタイプを選び犯行に及んでいた。一方、上田は身近にいる悩みを抱えた男をカモにしていた。相手に安らぎを与え、精神的にのめり込ませるのが常套手段だった」(社会部記者)

 父は行政書士。小中高時代の成績は常にトップクラスで、東京でのセレブな暮らしを夢見ていた木嶋。それに対し、上田は早くに父を亡くし自衛官と結婚するもすぐに離婚。それなりの苦労をしている。
 「優雅にブログを書いているように見える木嶋ですが、控訴審では完全黙秘。上田も一審では黙秘を通した。彼女たちにとって法廷は、言ってみればステージ。しかし、そんな戦略は完全に失敗だった」(司法記者)

 木嶋の場合、その失敗からブログ戦略に切り替えたのか。
 ノンフィクション作家の斎藤充功氏がいう。
 「木嶋は、獄中にあっても自分という存在を忘れないでほしいという自己顕示欲の激しい女です。過去には死刑確定囚が本を出した例もあり、仮に最高裁で死刑が確定しても支援者らの助けでブログを続ける可能性はある。最高裁で刑が確定しても再審請求しているうちは執行されない。まだまだ先は相当長い」

 パフォーマンスでもやっていなければ精神的に持たないとも考えられる。所詮、引かれ者の小唄か。

ピックアップ

あの強打者と並び立つ偉業に?山田哲人が突き進む3度目のトリプルスリー
2018年08月14日 17時45分 [スポーツ]

社会新着記事

強制返納狙い? 高齢ドライバーに大混雑の「講習」を課す行政の思惑
2018年08月13日 15時03分

【放送事故都市伝説】娘を“釜茹で”にした鬼ママがテレビ出演「娘を探して欲しい!」
2018年08月12日 22時00分

ブルーインパルス桐生

ブルーインパルス桐生
2018年08月12日 06時00分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る