search
とじる
トップ > スポーツ > 負け越したのにトップ? 夏場所の「敢闘精神あふれる力士」アンケート

負け越したのにトップ? 夏場所の「敢闘精神あふれる力士」アンケート

pic pic

画像はイメージです

 「12勝3敗」をマークした朝乃山が、平幕優勝を果たす結果となった大相撲夏場所(東京・両国国技館)。平成が終わり迎えた令和の大相撲は、意外な力士の躍進でスタートを切った。

 一方、令和に入っても変わらずに実施された「敢闘精神あふれる力士」アンケートでも、予想外の力士が登場回数トップに輝いている。今回はその力士を含めたトップ3の面々を、3位から順に見ていきたい。

■3位:朝乃山(西前頭8枚目/1位4回・2位0回・3位1回・合計5回)
 冒頭の通り土俵上では見事な活躍ぶりだった朝乃山だが、アンケートでは頂点に立つことはできず。初日から中日までの登場回数はわずか1回と、前半は特に票が伸び悩んでいた。ただ、1位としての登場回数に限ると幕内部門でトップの数字となっている。

■2位:阿炎(西前頭4枚目/1位0回・2位4回・3位2回・合計6回)
 その朝乃山を僅差でかわし2位にランクインしたのは、「10勝5敗」で敢闘賞を獲得した阿炎。1位での登場回数は0回に終わったものの、2位での登場回数で全体トップの数字となり、これをカバーしている。

■1位:炎鵬(西前頭14枚目/1位2回・2位2回・3位3回・合計7回)
 今場所新入幕を果たした炎鵬が、並み居る“先輩”たちを押しのけいきなり登場回数トップを獲得。「7勝8敗」と負け越した力士が、アンケートで頂点に立つのは極めて異例。また、千秋楽では敗戦を喫したにもかかわらず、竜電、阿炎に次ぐ3位に入っているという点も興味深い。

 炎鵬は先場所登場回数7回(1位7回)を記録し、十両部門でトップを獲得している。今回予想外の“トップ当選”を果たしたのは、既に人気がある程度確立されていることも関係しているのかもしれない。

 トップ3にランクインした力士が、全て平幕力士という結果となった夏場所のアンケート。横綱・大関陣に休場、不振が目立った分、ファンは活きのいい若手力士たちに投票先を求めたということが浮き彫りとなっている。

文 / 柴田雅人

関連記事


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ