search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 主演ドラマの続編でフジテレビの過剰な期待を背負う深キョン

主演ドラマの続編でフジテレビの過剰な期待を背負う深キョン

pic pic

提供:週刊実話

 女優の深田恭子(37)が主演するフジテレビ系ドラマ「ルパンの娘」の続編が10月にスタートする。

 昨年7月期に放送された同ドラマは、作家・横関大氏の同名小説が原作。

 泥棒一族“Lの一族”の娘・華(深田)と、警察一家の息子・和馬(瀬戸康史)の禁断の恋を描くラブコメディーで、「放送期間中はSNSで話題になり、高視聴率を記録するなど人気を呼んだことから続編が決定した」と一部スポーツ紙が報じた。

「前作の全11話の平均視聴率は7.1%でハッキリ言って“外れ”の作品。しかし、フジはなんとかしてシリーズ化から映画化に持っていける作品を生み出したく、深田の主演作に白羽の矢が立った」(テレビ局関係者)

 現在、同作と同じ放送枠の木曜午後10時は、深田と同じ事務所の後輩・石原さとみが主演する「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」が放送中だが、放送された10話のうち、視聴率2ケタ超えはわずか2話と低迷。

 それもあって、深田には過剰な期待が寄せられているというのだ。

「前作では深田のセクシーなコスプレが話題になったが、今回はもっと肌の露出を増やして過激な衣装になるようだ。すでに写真集では“半ケト”を披露している深田も了承済み。前作にも出演した田中みな実アナを投入して“セクシー対決”の案も浮上しているというから見逃せない」(芸能記者
)
 深田の決意に期待大!

芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ