search
とじる
トップ > 芸能ニュース > AKB48 佐藤亜美菜は おっぱいネタの伝道師!?

AKB48 佐藤亜美菜は おっぱいネタの伝道師!?

 アイドルグループ、AKB48のメンバーである佐藤亜美菜といえば、かつて、胸の大きなメンバーである増田有華が「ゆっぱい」(有華+おっぱい)とメンバー内で呼ばれていることを「AKB48のオールナイトニッポン」で暴露し、話題になった。そんな彼女が再び、「おっぱい」について、先週放送の同番組でトークを展開した。

 先週放送の同番組に出演したのは、佐藤亜美菜、梅田彩佳、松井咲子の3人。プライベートでの出来事を3人で話していると、梅田が、「私がなにげなくネットで自分の名前を検索していると、関連ワードで“梅田彩佳 カップ”というのがあって、それも上の方にあって…」と話し始める。そうすると、佐藤は、「梅ちゃんって、そんなに(おっぱいが)小さかったっけ?」と話しを掘り下げると、「マジ、小さいよ。尋常じゃないよ。すっげー小さいよ」と暴露。それに対して、松井は心配そうに、「生放送ですよ…」と話すが、佐藤は大爆笑。これには、梅田が「お前、笑うんじゃねーよ。将来の旦那さんがかわいそうだろ」と苦笑いした。ただ、この後も「おっぱいトーク」を佐藤は続け、「そういっても(佐藤)亜美菜も…」、さらに、「(松井)咲子さんも…」と3人は自分のおっぱいを比べあったようで…最後に佐藤が、「きょう、ここらへん(胸)が幸が薄い人ばっかりだ」と話すと、梅田は、「幸薄い選抜だ!」とまとめた。

 今回の放送は3人とも20歳以上のメンバーということで、これ以外にも話題は“セクシー”路線に。番組内でも「3人に言って欲しいセクシーな言葉」を募集するなど、アダルトな放送内容となっていた。最後に佐藤は、「ぶっちゃけ下ネタは世界を救うみたいなところも無きにしもあらず」と語ると、梅田、松井も、「確かに」と納得していた。

 佐藤はラジオ番組の仕切りにはAKB48内にも定評があり、ある意味、アイドルとしてタブーとも言える内容にも積極果敢にチャレンジしてファンを楽しませてくれる。本人も語っているように、彼女自身がセクシー担当というわけではないので、発言にいやらしさがなく、むしろ心地よく「おっぱいトーク」や下ネタをファンは聞くことができる。ぜひ、次回出演時も「心地よいおっぱいトーク」を提供して欲しい。できれば、今度は“ゆっぱい”こと増田有華に続く巨乳メンバーでのトークでお願い!?

 期待してるぞ、亜美菜!!

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ