search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 民放地上波からの“完全撤退”もありそうなマツコ・デラックス

民放地上波からの“完全撤退”もありそうなマツコ・デラックス

pic pic

提供:週刊実話

 タレントのマツコ・デラックス(47)が、16日の放送をもって10年間レギュラーを務めたフジテレビ系「ホンマでっか!?TV」を突如卒業した。

 同日放送の番組エンディングで、テロップにて「マツコ・デラックスさんは今日の放送でホンマでっか!?TVを卒業、約10年間ありがとうございました」と表示し降板理由については触れられず。

 それどころか、番組の公式サイトでは、2時間スペシャルとして放送される10月7日の放送について、「新レギュラーは誰?」と告知。公式ツイッターやインスタグラムでは、新レギュラーを当てるクイズを展開している。

「コロナ禍になってリモートや電話出演も増えたことから、明らかにマツコさんのモチベーションは低下しているようです。もともと、テレビには出られる存在になると思っていなかったようで、すでにがっぽり稼いだこともあって、もはたテレビに未練はないようですが、降板の理由が気になるところ」(民放キー局のバラエティー番組スタッフ)

 もともと、コラムニストとして表舞台に出ることはなかったが、一度、テレビに出るやその強烈なビジュアルと歯に衣(きぬ)着せぬ物言いで一躍大ブレイク。

 現在、降板した番組を除き、TBS系「マツコの知らない世界」、フジテレビ系「アウト×デラックス」など民放キー局全4局で6本のレギュラー番組を抱える。

「今後、続々とほかの番組も降板する可能性がささやかれている、ただし、最初に自分に声をかけてくれた、曜日コメンテーターをつとめるTOKYO MX『5時に夢中!』には恩義を感じ、売れても一切、ギャラを値上げしないほど。同番組だけは続けるのでは」(芸能記者)

 出過ぎてテレビに飽きてしまったかもしれない。

芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ