search
とじる
トップ > レジャー > 橋本千春の勝馬ピックアップ!(10/2)スプリンターズS、他

橋本千春の勝馬ピックアップ!(10/2)スプリンターズS、他

4回中山競馬最終日(10月2日・日曜日)予想・橋本千春

☆中山11R「スプリンターズS」(芝1200メートル)
◎1ビッグアーサー
○2ブランボヌール
▲5シュウジ
△4ソルヴェイグ、6ベルカント
 もうすぐ孫の、6歳の誕生日。プレゼントに何が欲しいか聞くと「地球儀と、自転車!」。それで、欲しいのはどっち? 「どっちもー」。甘やかしすぎるのは教育上良くないので、自転車をプレゼントすることに。という訳で、ビッグアーサー・福永には絶対勝ってもらわないと困る。負けるわけないか。ここでは役者が一枚も二枚も上だもの。高松宮記念を1分6秒7のレコードで快勝。さらに、前哨戦のセントウルSは58キロを背負って圧勝し、次元の違う強さを見せつけている。メンバー最強の短距離王に敵なし。枠順も1枠1番と願ったり叶ったりだ。馬券は3連単1頭軸流し。(1)→(2)(4)(5)(6)番へ500円均等買い。これで自転車が買えるぞ。

☆中山10R「勝浦特別」(芝1200メートル)
◎5ダノンアイリス
○10ペイシャフェリシタ
▲14キタサンガンバ
△8サーストンコラルド、11ハピネス
 相手に恵まれたとはいえ、未勝利→郡山特別2連勝を達成したダノンアイリスの実力は高い。しかも、どちらも2着馬を0秒4差突き放す圧勝劇だから立派。3連勝を目指した驀進特別は3着に終わっているが、一発でメドを立てた。乗り替わりもデムーロ騎手なら百人力だし、ハンデ52キロなら期待できる。

☆中山12R「内房S」(ダ1800メートル)
◎2ロンドンタウン
○13カラクプア
▲3パワーポケット
△8スノーモンキー、9クラウンシャイン
 秋の中山開催もこれがオーラス。追いかけて損のない3歳馬の、ロンドンタウンに決めてもらおう。ここが昇級戦だが西日本スポーツ杯の強烈な勝ち内容を見る限り、クラスの壁は皆無に等しい。最後の直線でスパートすると後続を一瞬に置き去りにして、5馬身突き放した芸当は並みの馬には出来ない。最後は流す余裕があったし、時計はまだ短縮できる。ハンデ53キロも恵まれた。

☆阪神11R「ポートアイランドS」(芝1600メートル)
◎2ブラックスピネル
○4テイエムイナズマ
▲6マイネルホウオウ
△3シベリアンスパーブ、9マテンロウボス
 自分より強いものとやるのが稽古で、自分より下のものとやるのは体慣らし、というそうだ。ブラックスピネルは、ダービー馬マカヒキはじめ強敵と闘ってきた経験がここで生きるハズ。前走のラジオNIKKEI賞5着は出遅れが致命傷だった。最後の直線は大外からメンバー最速の脚で強襲し、0秒3差と迫っているだけに悔やまれた。トップハンデ57キロを背負っていたことを考えれば勝ちに等しい内容だ。阪神コースに替わるのはプラス材料。先行力があるので1600メートルにも対応できるし、54キロならチャンスは十分ある。

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ