search
とじる
トップ > レジャー > ハッシーの中央競馬新馬セレクション(10/1阪神・10/1中山)

ハッシーの中央競馬新馬セレクション(10/1阪神・10/1中山)

 今週デビューの注目馬は、10月1日(土)阪神第5R2000m戦に出走予定のサトノアーサー。馬名の由来は「冠名+人名より」。牡、青鹿毛、2014年3月1日生。栗東・池江泰寿厩舎。父ディープインパクト、母キングスローズ。母父Redoute's Choice。生産は安平町・ノーザンファーム、馬主は里見治氏。2015年セレクトセール1歳市場において2億1060万円で落札された。母はCJCニュージーランド1000ギニー(GI)など重賞6勝を挙げた名牝。本馬はバランスが良く、トモにはしなやかな筋肉が付いている。ストライドが伸び重心の低い走り。バネがあり如何にもキレがありそうな造り。なお、鞍上には川田将雅騎手を予定している。

 もう一頭の注目馬は、10月1日(土)中山第5R芝1200m戦に出走予定のプンメリン。馬名の由来は「オーストリアのシュテファン大聖堂にある大鐘。母母名より連想」。牝、鹿毛、2014年4月25日生。美浦・鹿戸雄一厩舎。父スズカマンボ、母メジロシーゴー、母父ワイルドラッシュ。生産は洞爺湖町・レイクヴィラファーム、馬主はサラブレッドクラブ・ラフィアン。愛馬会法人・ラフィアンターフマンクラブの募集馬で総額2800万円。近親には12年、13年の中京記念(GIII)を連覇したフラガラッハ(父デュランダル)がいる。本馬でまず目がいくのが立派なトモ。少し硬めの筋肉に見えるが、力強さがありダート向きの印象。前躯もしっかりとした造りで、ダートでしぶとい脚を使うタイプだろう。芝で結果が出なくてもダート替わりで狙ってみたい。

※出走予定競走には、馬の体調、抽選非当選により出走しない場合があります。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜」も担当している。

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ