search
とじる
トップ > レジャー > ハッシーのロックオン~狙ったレースは逃さない!~(9月13日)京成杯AH(GIII)他1鞍

ハッシーのロックオン~狙ったレースは逃さない!~(9月13日)京成杯AH(GIII)他1鞍

【今週の予想】
☆中京7R 3歳以上1勝クラス(芝2000m)
 ここはダンディズムで決まり。去勢後初戦となった前走は、出遅れて前半に脚を使った上、直線でも前が壁となり、追い出しが遅れるロスがあったが、抜け出す時の脚はずば抜けており、あっという間に先頭に立つと、2着に0秒2の差をつけて1着。実質1ハロンも脚を使っていない中、上がりは最速と力が一枚上だった。それも格上挑戦だった上、去勢明けだったこともあり、少し寂しく映る馬体をしていてこの結果。一度使われた今回は、明らかに状態は上がっており、連勝の可能性は高いと見る。

◎ダンディズム
〇リノキアナ
▲スズカキング
△₁ラヴィンフォール
△₂シルバーエース

買い目
【馬単】4点
◎→〇▲△₁△₂
【3連複1頭軸流し】6点
◎-〇▲△₁△₂
【3連単フォーメーション】12点
◎→〇▲△₁△₂→〇▲△₁△₂
☆中山11R 京成杯AH(GIII)(芝1600m)

 ジャンダルムを狙う。前走は11着に敗れたが、左回りは6戦して掲示板すらなく参考外。今回と同舞台の前々走も10着に敗れているが、出負けして前半に脚を使ってしまい、脚を溜め切れなかったため。4走前のニューイヤーSでは、すんなり流れに乗り、直線早々で先頭に立ち押し切る強い競馬だった。だが、何と言っても今回本命に推した最大の理由は追い切りの内容。坂路を馬なりのまま4ハロン52秒台、ラスト1ハロンを11秒台で駆け上がっており、状態の良さがうかがえる。それだけ状態が良ければ、4走前の再現があっても驚かない。相手本線はルフトシュトローム。前走のNHKマイルCでは、出負けして後方からの競馬。直線でも前が壁となり、まともに追い出せたのは残り200mあたりから。それで5着に来るのだから力があるということ。今回はデビューから3連勝を飾った中山競馬場。スムーズな競馬ができれば突き抜けてもおかしくない。▲はシゲルピンクダイヤ。以下、ラセット、トロワゼトワル、スマイルカナまで。

◎(7)ジャンダルム
〇(1)ルフトシュトローム
▲(8)シゲルピンクダイヤ
△(11)ラセット
△(10)トロワゼトワル
△(16)スマイルカナ

買い目
【馬単】6点
(7)→(1)(8)(10)(11)
(1)→(7)(8)
【3連複2頭軸流し】4点
(1)(7)-(8)(10)(11)(16)
【3連単2頭軸マルチ】24点
(1)(7)⇔(8)(10)(11)(16)

※出走予定競走には、馬の体調等により出走しない場合があります。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン~狙ったレースは逃さない!~」も担当している。

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ