search
とじる
トップ > レジャー > ハッシーのロックオン~狙ったレースは逃さない!~(3月22日)阪神大賞典(GII)他1鞍

ハッシーのロックオン~狙ったレースは逃さない!~(3月22日)阪神大賞典(GII)他1鞍

【今週の予想】
☆阪神2R 3歳未勝利(ダート1800m)
 タガノカリュウドのデビュー戦だった前走は、スタートでやや出遅れてしまった上、1コーナーに入る手前で包まれてしまい、手綱を引く不利があり、ポジションを悪くしてしまった。さらには1000m通過が1分4秒9とペースが流れず、早めに動きたいところであったが、動くに動けないポジションにおり、直線だけの競馬で5着。直線だけの競馬だったため疲れもなく、中1週でここへ。一度使われて状態は上がってきており、今度こそ。
◎タガノカリュウド
〇ソルトキャピタル
▲サンデーパームス
△₁オット
△₂クリノキングボス
買い目
【馬単】4点
◎⇔〇▲
【3連複2頭軸流し】3点
◎〇-▲△₁△₂
【3連単フォーメーション】12点
◎→〇▲→〇▲△₁△₂
〇▲→◎→〇▲△₁△₂

☆阪神11R 阪神大賞典(GII)(芝3000m)
 ここは断然キセキ。前走の有馬記念では、出遅れて得意の先行策が取れず、後方からの競馬となったが、メンバー中4位タイの上がりを使って5着。1100m通過が1分4秒5のハイペースで展開が向いたこともあるが、得意の形ではなく2着のサートゥルナーリアと0秒3差だから、改めてトップクラスの力があることを印象付けた。3歳時には不良馬場の菊花賞を制しており、スタミナ豊富。一昨年のジャパンCでは世界レコードでの決着の中、逃げて2着と高速決着にも対応できる強さを見せており、今回のメンバーなら本番に向けて負けられない。相手本線はユーキャンスマイル。近走は左回りに良績があるが、一昨年の菊花賞で3着、昨年はダイヤモンドSを制し、天皇賞(春)で5着と、3000m越えのレースでは安定した成績を残している。すらっとした胴長の馬体をしており、如何にも長距離向きの体型をしているが、昨年秋は天皇賞(秋)で4着、ジャパンCでも5着と、トップレベルのメンバーを相手に2000m~2400mの距離でもしっかりと掲示板を確保しているあたり、力を付けているのは明白。追い切りの動きは少々物足りなさを感じるが、本馬のレベルを考えればこそ。それでも今回のメンバーなら上位争いになるだろう。▲はメイショウテンゲン、以下、ムイトオブリガード、ボスジラまで。
◎(9)キセキ
〇(10)ユーキャンスマイル
▲(6)メイショウテンゲン
△(3)ムイトオブリガード
△(7)ボスジラ
買い目
【馬単】3点
(9)→(3)(6)(10)
【3連複1頭軸流し】6点
(9)-(3)(6)(7)(10)
【3連単フォーメーション】9点
(9)→(3)(6)(10)→(3)(6)(7)(10)

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。学生時代大井競馬場で開催された大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後北海道へ渡る。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙に入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで推奨した4頭で決まり、3連単100万越えあり。

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ