search
とじる
トップ > レジャー > ハッシーの中央競馬新馬セレクション(3/14阪神・3/15阪神)

ハッシーの中央競馬新馬セレクション(3/14阪神・3/15阪神)

【今週デビューの注目馬】
☆アウサンガテ
 2020年3月14日(土)阪神第5R3歳未勝利芝1600m戦に出走予定のアウサンガテ。馬名の由来は「アンデス山脈の高峰」。牡、鹿毛、2017年5月1日生。栗東・中内田充正厩舎。父ディープインパクト、母アゼリ、母父Jade Hunter。生産は安平町・ノーザンファーム、馬主は金子真人ホールディングス。2018年セレクトセール1歳市場において1億5120万円(税込)で落札された。全兄には、16年きさらぎ賞(GIII)や京都新聞杯(GII)で3着となったロイカバードや、19年京都大賞典(GII)で3着となったシルヴァンシャーがいる。本馬は5月生まれということもありまだ幼いところはあるが、全兄シルヴァンシャーに似たシルエット。背中は同時点でのシルヴァンシャーよりもしっかりとしており、前躯と後躯の連動性が良く、瞬発力は上位クラスのそれ。豊かなスピードと瞬発力を武器に活躍するだろう。なお、鞍上は川田将雅騎手。

☆インゴニャーマ
 2020年3月15日(日)阪神第4R3歳未勝利芝1800m戦に出走予定のインゴニャーマ。馬名の由来は「ライオン(ズールー語)」。牝、鹿毛、2017年4月15日生。栗東・矢作芳人厩舎。父Kitten’s Joy、母Laureldean Gale、母父Grand Slam。生産は米・Godolphin、馬主はグランド牧場。追い切りで抜群の動きを見せた本馬。付くべきところにしっかりと筋肉が付いた安定感のある好馬体をしており、ブレのないフォームで坂路を駆け上がった。時計も優秀で、調教通りの走りができれば既走馬相手でも勝ち負け必至だろう。なお、鞍上は坂井瑠星騎手。

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。学生時代大井競馬場で開催された大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後北海道へ渡る。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙に入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで推奨した4頭で決まり、3連単100万越えあり。

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ